Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

エルヴィス・コステロ

「リヴァプール、最後の恋」エルヴィス・コステロが主題歌語るインタビュー映像

ナタリー

19/3/13(水) 11:00

「リヴァプール、最後の恋」より、主題歌「You Shouldn't Look At Me That Way」を書き下ろしたエルヴィス・コステロのインタビュー映像がYouTubeで公開された。

「リヴァプール、最後の恋」では、1952年製作の「悪人と美女」でアカデミー賞助演女優賞に輝いた女優グロリア・グレアムと、駆け出しの若手舞台俳優ターナーの恋が描かれる。アネット・ベニングがグレアム、ジェイミー・ベルがターナーを演じた。

映像では「You Shouldn't Look At Me That Way」を聴くことが可能。またポール・マッカートニーの娘・メアリーがミュージックビデオを監督しており、その撮影風景も収められた。コステロは「脚本を読み、魅了されたよ」と述べ、「2人はこんな優しい曲がぴったりの恋に落ちるが“そんな目で見つめないで”という歌詞が示す通り、とても切ないストーリーだよ」と語っている。

ポール・マクギガンが監督した「リヴァプール、最後の恋」は、3月30日より東京・新宿武蔵野館、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国でロードショー。

(c)2017 DANJAQ, LLC. All Rights Reserved.

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える