Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ニート・ニート・ニート」公開記念舞台挨拶の様子。

安井謙太郎はどんな座長?山本涼介、森田美勇人が“今だから言える話”明かす

ナタリー

18/11/24(土) 11:22

「ニート・ニート・ニート」の公開記念舞台挨拶が、11月23日に東京・新宿ピカデリーにて開催され、キャストの安井謙太郎(ジャニーズJr.)、山本涼介、森田美勇人(ジャニーズJr.)、灯敦生、監督の宮野ケイジが登壇した。

本作は、3人のニートと1人の少女が北海道の大自然で右往左往するさまを描くロードムービー。主人公レンチを安井、退屈な毎日にうんざりして仕事を辞めたタカシを山本、2年間自宅で引きこもっていたキノブーを森田が演じ、彼らが出会う謎めいた家出少女・月子に灯が扮した。

本イベントでは、安井が司会に挑戦。彼が「“座長・安井”について、今だから言える話ってありますか?」と切り出すと、山本は「そういうのはないです(笑)」とジョークを飛ばしながらも「安井くんはやっぱり一番スタッフさんと話されていたイメージがありますね」と述べる。森田が「(安井が)誰よりも早く、朝一番にロケバスに来ていて」と真面目な一面を明かした際には、安井は「それバレちゃ駄目なやつなのよ!」と照れた様子でツッコミを入れていた。

灯は、安井と森田が撮影の合間にダンスの練習をしていたことに触れながら「映画ではニート役なんですが、撮影中以外でもそういった練習をされていたので、『そこまで働くか!』と思っちゃいました。普段はすごく働き者なんだなって」とコメント。それには山本も気付いていたそうで「めちゃくちゃ音がしましたもん。僕は1階にいたんですけど、上からドンッドンッって(笑)」と続けた。

最後に安井は「北海道は地震が起こったばかりで、この映画がどこまで力になれるかわかりませんが、少しでも北海道の皆さんに恩返しできるような作品になっていけばいいなと思っています」と挨拶し、イベントの幕を引いた。

(c)2018 三羽省吾・角川文庫/映画「ニート・ニート・ニート」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play