Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©2018 The Japan Foundation, All Rights Reserved

松永大司監督作『碧朱』に長谷川博己ら オムニバス映画『アジア三面鏡』

CINRA.NET

18/7/31(火) 19:00

オムニバス映画『アジア三面鏡2018:Journey』の主要キャストが発表された。

『アジア三面鏡』は、日本を含むアジアの監督3人が1つのテーマのもとにオムニバス映画を製作するプロジェクト。2016年に発表された第1弾『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』には、行定勲監督、ブリランテ・メンドーサ監督、ソト・クォーリーカー監督が参加した。「旅」をテーマにした今回は松永大司監督の『碧朱』、エドウィン監督の『第三の変数』、デグナー監督の『海』の3作品で構成。

今回発表されたのは、ミャンマー・ヤンゴンを舞台に鉄道整備事業に携わる日本人商社マンの心の機微を描く『碧朱』に出演する長谷川博己、ナンダーミャットアン、全く性格の違う母娘が中国・北京から海を目指すロードムービー『海』に出演するチェン・ジン、ゴン・チェ、旅先の東京で不思議な男性から奇妙で官能的なアドバイスを受けるインドネシア人夫婦を描いた『第三の変数』に出演するニコラス・サプットゥラ、アグニ・プラティスタ、オカ・アンタラ。なおニコラス・サプットゥラは3作品に出演する。

『アジア三面鏡2018:Journey』は、10月25日から東京・六本木ヒルズ、EXシアター六本木ほかで開催される『第31回東京国際映画祭』でワールドプレミア上映。11月9日から東京・新宿ピカデリーほかで公開される。また10月12日から新宿ピカデリーほかで『アジア三面鏡2016:リフレクションズ』を上映。

ナンダーミャットアンのコメント

『アジア三面鏡』は、私にとって初めての外国映画への参加となり、映画製作において多くを学びました。現場のみなさんは時間を厳守し、また撮影前の企画段階からきちんと取り組まれるので、大変感心いたしました。

チェン・ジンのコメント

近年、中国映画やアジア映画は目覚しい発展を遂げてまいりました。アジア各国からの製作陣が集まり合作が数多く作られていますが、このような国を跨いだ共同制作は参加者が直接コミュニケーションを取り合い、協力し合うことでお互いを補完し、それが各国作品のレベルアップに還元されます。女優としては今後、アジア中の秀でた監督や俳優と協力する機会を得、試行錯誤し、観客によりたくさんの秀作をお届けできることを願います。最後に、『アジア三面鏡』が東京国際映画祭で輝かしいプレミアを迎えられるようお祈りいたします!

ゴン・チェのコメント

この度「アジア三面鏡」に出演する機会を得たことをとても嬉しく思っています。『海』はとても素晴らしい作品で、この映画への出演は私の成長の過程における重要な出来事でした。敬愛する監督や俳優たちと知り合うことができただけでなく、家族関係というものをもっと大人の目線から理解できるようになり、家族愛の大切さをさらに深く感じるようになりました。本作のような家庭を描く映画が、より広く上映され、より多くの人々に日常の様々な感情を喚起し、理解し考えるきっかけとなることを期待しております。

ニコラス・サプットゥラのコメント

『アジア三面鏡2018:Journey』に出演させていただき大変光栄に思います。様々な監督とご一緒出来るだけでなく、アジア各国の役者、スタッフ、制作会社の皆さんのことを知ることができ、とても素晴らしい経験となりました。

アグニ・プラティスタのコメント

『第三の変数』への出演は私にとって大変素晴らしい機会となりました。様々な課題が立ちはだかりましたが、100%の力を込め、お互いに支え合うことのできる完璧なチームと仕事ができました。これ以上のことは望めません。

オカ・アンタラのコメント

このたび『アジア三面鏡』の皆さんと一緒に仕事できたことに感謝しています。作品は異色のストーリーゆえ、今までにないレベルのチャレンジとなりましたが、他国のスタッフ・キャストを交えた多言語の現場は常に楽しいものです。この作品に参加できたことを誇りに思っています。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play