Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

4DX with ScreenXのイメージ。

日本初上陸となる体感型シアター「4DX with ScreenX」が池袋にオープン

ナタリー

19/3/20(水) 13:00

2019年7月に開業する東京・池袋の映画館グランドシネマサンシャインに、体感型シアター4DX with ScreenXが日本で初めて導入されることがわかった。

4DX with ScreenXは、体感型アトラクションシアター4DXと、3面マルチプロジェクション上映システムScreenXを融合させたシアター。前後、左右、上下に動くモーションシート、水、風、香り、フラッシュなどのスペシャルエフェクト、視野角270度の3面マルチプロジェクション上映システムによって、ダイナミックな鑑賞を体験できる。

このたび館内インテリアの詳細も明らかに。4階のエントランスロビーにはビジュアルデザインスタジオ・WOWとトラフ建築設計事務所が共同制作したインスタレーション「Light Sculpture(仮題)」を設置。これは球状のオブジェクトに映像を投影した万華鏡のような立体アート作品だ。また12階のホワイエ&ラウンジスペースの天井部は、「Motion Ceiling」と題したモーショングラフィックスで演出される。

佐々木興業が商業施設キュープラザ池袋内にオープンする同劇場は12スクリーン、約2443席からなる都内最大級のシネマコンプレックスとなる予定。常設映画館としては国内最大となる高さ18.9m、幅25.8mのスクリーンを備えたIMAXレーザー / GTテクノロジーシアターや、映画の中に入ったような感覚を楽しめるオリジナル劇場規格BESTIA(ベスティア)なども導入することが発表されている。

アプリで読む