Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

スタン・リー追悼コーナーの様子。

東京コミコン開幕、アイアンマン体験企画やDCやぐら、スタン・リー追悼コーナーも

ナタリー

18/11/30(金) 17:46

「東京コミックコンベンション 2018」が、千葉・幕張メッセにて本日11月30日から12月2日にかけて開催。映画ナタリーでは、そのプレス内覧会の様子をレポートする。

“コミコン”ことコミックコンベンションは、マンガやアニメ、ゲーム、映画などのポップカルチャーを扱う催し。過去2回の東京コミコンに名誉親善大使として来場したスタン・リーが11月12日に95歳で死去したことを受け、特別に追悼コーナーが設けられた。

今年のマーベルブースには、体験者のモーションに合わせて画面の中のアイアンマンやハルクバスターが動く「MARVELキネクト体験コーナー」が。物販コーナーには、ピューターメーカーのブランド「ロイヤルセランゴール」による世界初公開フィギュア「フィギュリン アイアンマン“JAPAN”リミテッドエディション」と「フィギュリン キャプテン・アメリカ リミテッドエディション」、日本初公開となる税抜き250万円のアイアンマン マーク43の等身大スケールフィギュア(マーベル・スタジオ 10周年記念エディション)なども販売されている。

その横のスター・ウォーズブースでは、反乱軍になりきって展示を楽しむことが可能。ホログラムのレイア姫から司令を出され、スクリーンに囲まれたコーナーに入り込むと、ミレニアム・ファルコンに乗り込んだ気分を体験できる。同コーナーでは、運が良ければダース・ベイダーなどのキャラクターに遭遇することも。

ワーナー・ブラザースブースは、今年は“祭り”をテーマとした展示を展開。やぐらや鳥居、提灯などの装飾が施され、バットマン、ジョーカー、ワンダーウーマンといったDCコミックキャラのオリジナルお面が販売される。そのほか金太郎飴の販売や、射的・ダーツコーナー、DC神輿の練り歩きといった企画も用意された。

円谷プロダクションブースでは、ウルトラマンティガ・ダイナ・ガイアに関する「TDGプロジェクト」の始動を記念した大人向けの新玩具「ガッツウイング1号」を展示。FOXブースでは「ウォーキング・デッド」シリーズを卒業したリック役のアンドリュー・リンカーンへのメッセージを募集・公開しているほか、スティーヴン・セガールのお面を数量限定で無料配布している。ムービープラスブースでは「バーフバリ」キャストであるラーナー・ダッグバーティのサインも展示しているので、ファンはチェックを忘れずに。

そのほかにも会場にはホットトイズ、コトブキヤ、バンダイのフィギュアなどがずらり。3.7mの等身大バンブルビーが出迎える映画「バンブルビー」コーナーや、「名探偵ピカチュウ」のフォトスポット、「ファンタスティック・ビースト」シリーズのグッズ展示もそろう。「ビーン」でミスター・ビーンが運転した実車MINI1000、「ターミネーター2」よりアーノルド・シュワルツェネッガーが運転した実車ハーレイ・ダビッドソン・ファット・ボーイ、さらに「ダークナイト ライジング」のバットマンスーツ、「スーパーマン III 電子の要塞」のボディスーツ、「ファイト・クラブ」でブラッド・ピットが着用したバスローブといった衣装の展示も。

会期中は、トム・ヒドルストン、ジェレミー・レナー、エズラ・ミラー、ピーター・ウェラー、ダッグバーティら来日キャストのサイン会・撮影会も実施される。

東京コミックコンベンション 2018

開催中~2018年12月2日(日)千葉県 幕張メッセ
当日入場券:一般 3500円 / 中高生 2500円

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play