Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46 松村沙友理の“ビビリ姿”にスタジオ爆笑 バナナマン設楽「新喜劇みたいだな」

リアルサウンド

18/11/26(月) 11:50

 バナナマンが司会を務める、乃木坂46の冠番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)。11月25日放送回では「絶叫部プレゼンツ!ビビリクイーン決定戦」がオンエアされた。

(関連:乃木坂46 生田絵梨花が世間から求められる理由 グループ随一の才色兼備ぶりを考察

 同企画は、ビビリ予選を通過した9名がスタジオで本戦に挑み、ビビリクイーンを決めるというもの。まず事前に行われたという予選会の模様をVTRにて放送。予選会では、コメント撮影として呼び出したメンバーを部屋に閉じ込め、何が起こるかわからない箱(実際は花びらが吹き出す仕掛け)をビビらずに開けられるかをチェックする。

 しばらく箱を開けられなかった新内眞衣は、靴ベラを利用して箱を開けるズルい作戦に出てビビリな一面を見せた。齋藤飛鳥も箱を開けられずにいると、仕掛けであるおもちゃのゴキブリを発見し、なぜか笑い出す。しばらくして箱を開けようとするが、箱が揺れ始めて、またしても怖気付いてしまう。齋藤飛鳥は、開始から9分経過してようやく箱を開けることができた。

 一方、松村沙友理は「え~怖~い」「開けれへ~ん」と緊張感のない様子でチャレンジ。その後、体をくねくねさせたり、お尻を突き出すポーズをするなど終始ゆるい雰囲気を醸し出した。VTRを見ていたバナナマン・設楽統は「新喜劇みたいだな」と松村をいじり、スタジオを笑わせた。予選会を通過したのは、新内、白石麻衣、齋藤飛鳥、生田、斉藤優里、向井葉月、秋元真夏、和田まあや、佐藤楓となった。

 1回戦では、風船が割れるまで3人が順番に空気を入れていくというゲーム「割れてもへっちゃら! 風船爆破」を行う。このゲームでは、空気の入れ方、長さ、言動などを審議してバナナマンが一番ビビっていたメンバーを決定する。まずは生田、白石、斉藤優里が対決。設楽が意気込みを聞いていくと、生田は「比較的落ち着いてます」、白石は「もう平常心で」、斉藤優里は「私も早くやりたいです」とコメントし、対決はすでに始まっている様子。

 トップバッターの白石は、風船が大きくなっていくも空気を入れ続け根性を見せる。一方生田は12秒と早めにストップ。斉藤優里は風船が割れるまで空気を入れ続けた。勝負が終わると斉藤優里が「よかった、早く終わった」と言い、白石と生田も安堵を見せて3人で抱き合った。審議の結果、すぐに空気を止めてしまった生田が決勝進出に。生田は「止めたことに気づかなかった。もうちょっといけると思ったんですけど」とごまかすものの、設楽から「だから、ビビっちゃって体が反応したってことでしょ? ビビってるんですよ」とツッコまれた。

 次回は12月2日放送。「絶叫部プレゼンツ! ビビリクイーン決定戦後半!」をオンエア予定だ。(向原康太)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play