Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「永遠に僕のもの」ポスタービジュアル

美しき連続殺人犯描く「永遠に僕のもの」公開、主演俳優の来日も決定

ナタリー

19/6/7(金) 19:00

ペドロ・アルモドバルがプロデューサーに名を連ねた映画「El Angel」が、「永遠に僕のもの」の邦題で8月16日より公開される。

実話をもとにした本作の舞台は、1970年代のアルゼンチン・ブエノスアイレス。幼い頃から他人の持っているものを無性に欲しがったカルリートスは、思春期に入って、窃盗が自分の天職だと気付く。新しく入った学校でラモンという青年に出会い、一瞬にして魅了されるカルリートス。ラモンの気を惹くためにカルリートスはこれ見よがしな態度を取り、やがて2人は人を殺め始める。

カルリートスのモデルは、その美貌から“ブラック・エンジェル”“死の天使”と呼ばれたアルゼンチンの連続殺人犯カルロス・エディアルド・ロブレド・プッチ。彼は自分が望むすべてを手に入れるために窃盗や嘘を重ね、数年で12名以上の殺人を犯した。映画ではアルゼンチンの新星ロレンソ・フェロがカルリートスを演じ、ルイス・オルテガが監督を務めている。

「永遠に僕のもの」は東京・シネクイント、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国で順次ロードショー。なおフェロは6月下旬に来日する。

※「El Angel」のAはアキュートアクセント付き
※「永遠に僕のもの」はR15+指定作品

(c)2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO

アプリで読む