Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

山崎賢人、残された者の悲しみと向き合う 『グッド・ドクター』胸の奥にある天国に通じる扉

リアルサウンド

18/8/17(金) 12:30

 「もう胸を叩いても、お兄ちゃんの声が聞こえません」。『グッド・ドクター』第6話で、左胸を叩く湊(山崎賢人)の姿は、とても苦しそうに見えた。湊は、いつも患者の手術の無事を祈るように、優しい眼差しで何かを語りかけるように、優しくトントンと胸を叩き、兄と通じていた。

【写真】感動を生み出す『グッド・ドクター』収録現場に密着

 幼い頃、司賀院長(柄本明)に「こうやって胸に手を当ててごらん。ここにはね、天国に通じる扉があるんだ。寂しいときや苦しいとき、いつでもここをノックしてごらん。湊の声が必ずお兄ちゃんに届くはずだ」と言われた時から、湊はその仕草を続けている。お金が目当てで会いに来た父親の航(遠山俊也)から「お前のせいで奏太は死んだんだよ!」と告げられた湊には、どんなに強く左胸を叩いても、兄の声が聞こえなくなってしまった。「僕じゃなくて、お兄ちゃんを助けた方がみんな幸せでした!」「お兄ちゃんはいつも僕を助けてくれました。でもお兄ちゃんが一番助けてほしいとき僕が邪魔をしました」自らを責める言葉ばかりが溢れ出す。

 湊は東郷記念病院に初めて来た時から、周りからの厳しい風当たりにも、傷ついている様子を見せていなかった。高山(藤木直人)から「画像診断科に行け」と告げられた際にも、「どれだけ怒られても小児外科医になります」と全くへこたれず、一心に小児外科医を目指してきた。しかし、そんな湊の口から「僕はもうお医者さんにはなれません」という言葉が飛び出す。

 そんな湊の背中の押したのが夏美(上野樹里)だ。「あの日、生かされたあなただからこそ、今、できることがあるんじゃない?」。夏美は、司賀院長が「大切な人を失った悲しみを知っている湊だからこそ、必ずいい医者になれるはずです」と話していたことを湊に伝える。湊は、産婦人科からの依頼で、高いリスクを伴う水野理香(篠原ゆき子)の手術の助手を務めることになっていた。だが、理香が狭心症を発症して意識が戻らず、予断を許さない状況に。「私はどうなってもいいんで、この子だけは助けてください」という理香の思いと、「妻がいなくなることだけは耐えられない」と母親だけでも助けてほしいと願う夫・悟の気持ち、両方の思いを汲み取れるのは湊だった。「残された方は、とても悲しみます」。兄を失った時の悲しみを告げ、「僕は2人とも助けたいです」という湊の言葉が悟の心を動かした。

 高山にもやっと認められ、周りの小児外科医たちからも信頼を集め始めた湊。第5話では子供たちの“夢”を支える存在として描かれていた湊だったが、第6話は、湊自身が自らの夢と向き合う回となった。手術を終えた湊が左胸を叩いた時には、再び優しい表情が戻っていた。もし、湊がこれから何かにつまずきそうになってしまうことがあったとしても、司賀院長や夏美、そしていつまでも胸の奥にいる兄の存在が、彼を導いてくれるだろう。

※山崎賢人の「崎」は「たつさき」が正式表記

(大和田茉椰)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play