Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

大竹伸朗『ビル景』全830点を収めた画集刊行 熊本&水戸で展覧会も

CINRA.NET

19/4/13(土) 20:00

大竹伸朗の画集『大竹伸朗 ビル景 1978―2019』が4月中旬に刊行。あわせて、展覧会『大竹伸朗 ビル景 1978―2019』が開催される。

1955年に東京で生まれた画家の大竹伸朗。同書は、大竹が1978年から2019年まで約40年間にわたり継続して制作を続けている『ビルディングシリーズ』である『ビル景』全作品を時系列で収めた画集で、収録作品数は830点となる。『ビル景』の大半は、実在の風景ではなく、香港やロンドン、東京などの都市の記憶とイメージによって描かれた。作品は、B4サイズの大判で再現され、特製付録『活版画』を封入。また、東京国立近代美術館の保坂健二朗による「大竹伸朗ビル景論」を収録している。

画集と同タイトルの展覧会『大竹伸朗 ビル景 1978―2019』は、本日4月13日から熊本・熊本市現代美術館で開催。同展では、多数の未発表作品から最新作まで800点以上を調査し、『ビル景』シリーズの全貌を明らかにするという。同展は、熊本市現代美術館での展示終了後、7月13日から茨城・水戸芸術館でも実施される。

アプリで読む