Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『インハンド』原作者・朱戸アオ、撮影現場の“紐倉研究所”を訪問 山下智久、濱田岳、菜々緒も歓喜

リアルサウンド

19/5/10(金) 6:00

 『インハンド』(TBS系)の撮影現場を、原作者の朱戸アオが訪れた。

 原作は、『イブニング』(講談社)で連載中の朱戸アオによる同名漫画。山下智久演じる主人公・紐倉哲は、寄生虫を専門とする天才科学者で、無愛想でドSな変わり者。買い取った植物園の巨大温室を研究所兼自宅とし、さまざまな動物たちと暮らしている。紐倉は右手に黒いロボットハンドのような義手を装着しており、濱田岳演じるお人好しの熱血助手・高家春馬の凸凹バディ、菜々緒演じるクールでやり手な美人官僚・牧野巴と共に、最新科学と医療にまつわる難事件に挑んでいく。そのほか、オリエンタルラジオの藤森慎吾や光石研が出演している。

【写真】義手の紐倉哲(山下智久)

 クランクイン前に朱戸と山下、濱田、菜々緒の4人で取材を受けたことはあったが、撮影が始まってからはキャストの3人とは初対面だった朱戸。初めて足を踏み入れた“紐倉研究所”に朱戸は「すごい…」と感激の様子で、「実際の研究者の方々にとっても、ここは“夢”の空間らしいです」と反響を伝えると、山下も「こうしてプライベートな空間で研究所を持てる人は、そうそういないんですね」と感心。朱戸の「紐倉はお金持ちでいらっしゃるので」の言葉で現場は笑いに包まれた。

 また本作の見どころのひとつである“動物との共演シーン”について朱戸が尋ねると、山下は「サモンくん(白い犬)は言うことを聞いてくれるんですけど、蛇やイグアナたちは全然言うことを聞いてくれなくて(笑)」と笑い交じりに苦労を吐露。紐倉が肩に大きなインコ、膝にイグアナを乗せ、足元には犬とカメ2匹……とたくさんの動物たちと共演し、話題となった第3話のシーンについて朱戸は、「原作にも出てくるシーンで、私にとってもお気に入りの場面。再現していただけてすごくうれしかったです」と感謝を伝えた。

 またドラマを「一視聴者として楽しく見ている」という朱戸は、「紐倉、高家、牧野の3人の掛け合いが本当にいい感じで、3人のバランスがとてもいいなと思っています」と太鼓判。これには3人も「うれしいです!」と歓喜。さらに朱戸は「家族や恋人など親愛の情を持つと出るという“オキシトシン”というホルモンがあるのですが、私は第1話を見た時からこのドラマに対して完全にそれが出ています!(笑)」と笑わせた。

 最後は、紐倉の飼い犬として出演している犬のサモンも一緒に記念撮影。朱戸は「今後も体に気を付けて撮影頑張ってください。最終回まで楽しみにしています!」と激励した。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む