Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『まんぷく』第76話では、東太一(菅田将暉)が財務局の焦りを察して背景を探る

リアルサウンド

18/12/26(水) 8:15

 毎週月曜日から土曜日まで放送されているNHKの連続テレビ小説『まんぷく』。12月27日放送の第76話では、東太一(菅田将暉)が“萬平(長谷川博己)逮捕”の真相にたどり着く。

参考:菅田将暉「大阪が舞台のドラマなのに僕ひとり東京弁」

 東が国を訴えようと立ち上がった第75話。第76話では、裁判を起こされた福子(安藤サクラ)たちの弱みを握ろうと、またもや財務局が東の事務所へ家宅捜査に入るという強行手段をとる。結局、財務局のもくろみは外れるが、東は財務局の連中の焦りを察して背景を探りはじめる。すると、萬平が不当逮捕されていることが明らかになり、東は新聞などのマスコミを通じて、世論を味方に付けるべく動きだす。

 “究極のマネジメント能力”を身につけるヒロイン・福子と、“発明家”として「世の中の役に立つこと」を理想に掲げ、邁進し続ける夫・萬平が、インスタントラーメンを創り出すまでの物語。主演の安藤サクラをはじめ、長谷川博己、松下奈緒、要潤、大谷亮平、岸井ゆきの、桐谷健太、瀬戸康史、中尾明慶、藤本泉、菅田将暉、松坂慶子らがキャストに名を連ねる。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む