Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左からジョン・デヴィッド・ワシントン演じるロン・ストールワースと、ローラ・ハリアー演じるパトリス・デュマス。

「ブラック・クランズマン」黒人刑事が手始めにブラックパンサー党の演説会潜入

ナタリー

19/2/14(木) 12:00

第71回カンヌ国際映画祭でグランプリを獲得した「ブラック・クランズマン」の本編映像が、YouTubeにて公開された。

白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)への潜入捜査を試みた黒人新米刑事の実話を描いた本作。映像にはジョン・デヴィッド・ワシントン演じる主人公のロン・ストールワースと、ローラ・ハリアー演じるパトリス・デュマスの出会いのシーンが収録された。

ロンは初めての潜入捜査で、危険分子がいないかを探りに、指導者ストークリー・カーマイケルの演説会に忍び込む。実はパトリスは、コロラドカレッジの黒人学生自治会の会長としてカーマイケルを招いた張本人。カーマイケルがクワメ・トゥーレと改名したことを知らなかったロンは、彼女とぎこちない会話を繰り広げる。

ワシントンはハリアーとの共演を「彼女はとても素敵な女優だ。タフだし、一緒にいて楽しいし、研究熱心。細かいところにまで気を使い合い、互いが気持ちの面でも必要としていることが浮かび上がってきたよ。共演はまるで2人でタンゴを踊るようで素晴らしい経験だった」と振り返った。

スパイク・リーが監督を務めた「ブラック・クランズマン」は、3月22日より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国でロードショー。第91回アカデミー賞では作品賞を含む6部門にノミネートされている。

※記事初出時、本文に一部誤りがありました。訂正致します。

(c)2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える