Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

登坂広臣と中条あやみが毛布にくるまって寄り添いあう 『雪の華』本予告&ポスター

リアルサウンド

18/11/13(火) 7:00

 登坂広臣と中条あやみが共演する映画『雪の華』の本予告とポスターが公開された。

 本作は、冬のラブソングとして有名な中島美嘉の同名楽曲を映画化したもの。登坂が演じるガラス工芸家を目指す綿引悠輔は、不器用だがまっすぐな青年。一方、中条演じる平井美雪は、余命宣告を受けながらも憧れの地フィンランドに行くことを夢見ており、悠輔と出会って生まれて初めての恋をするという役どころだ。本作のメガホンを取るのは、『orange-オレンジ-』や『羊と鋼の森』で知られる新鋭・橋本光二郎、脚本は映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』、NHK連続テレビ小説『ひよっこ』など数々の名作映画やドラマを生み出してきた岡田惠和が務める。

 この度公開された本予告とポスターでは、2人のデートシーンや、余命が迫る美雪と悠輔の切ない恋が描かれている。美雪は主治医である若村(田辺誠一)から、余命1年を宣告され絶望に打ちひしがれていた。そんな中、美雪はひょんなことから知り合った悠輔の働く店が危機に陥っていることを知り、100万円で1カ月恋人になるという期間限定の恋を持ち掛ける。2人でお弁当を食べたり、水族館でデートしたり、帰り道に相手が見えなくなるまで手を振ったり、美雪がノートに書いた“夢”である恋人としたいことを叶えていく。はじめは戸惑いながら始まった関係ではあったが、美雪の無邪気でいつも前向きな人柄に触れて、悠輔の気持ちも少しずつ変化が生まれていくが、時間は刻々と過ぎていきーー。

 初々しいデートシーンの数々について、橋本光二郎監督は「一見怖そうな男子のダメな部分が垣間見えて、可愛いと感じたり、徐々にカッコいい顔が見えたり。お客さんが美雪に感情移入して、登坂広臣という役者と出会い直し、美雪と同じように彼と恋に落ちればいいなと思います」と語る。また、随所に映し出される夏と冬のフィンランドの美しい景色に、登坂は「過酷な撮影になりましたが、フィンランドならではの画をとることができました。走るシーンは、カメラが回っているときは平気だったんですが、終わってみたらめちゃめちゃ寒くて(笑)ただ大変だった分、すごくいいシーンになっていると思います」「中条さんやスタッフの皆さんと話しあいながら撮影をすすめられたのが大きかったですね」とコメント。一方、余命が迫る美雪を演じる中条は「自分が出演した映画を見て涙が出るのは久しぶり」と語り、「美雪は今まで演じたことがないキャラクターで難しい部分もありましたが、登坂さんはすごく優しい方で、私が悩んでいるときもいつも悠輔でいてくれたのが本当にありがたかったです」と撮影を振り返った。

 ポスターでは、冬のフィンランドの雪景色の中で毛布にくるまり寄り添いあう2人の姿を捉えている。また、11月23日より発売されるムビチケは、フィンランドの雪景色の中、切ない表情で2人が見つめ合う“冬のフィンランド編”と、ドレスアップした2人が幸せそうに見つめ合う“夏のフィンランド”編の2種類となっている。ムビチケオンライン券購入者を対象にしたプレゼントキャンペーンも実施が決定しており、開催されるのは、発売記念、クリスマス記念、お正月記念の全3回。第1弾(11月23~25日)は非売品ポスター、第2弾(12月21~23日)は、キャストサイン入りのクリスマスver.ポストカード、そして第3弾(1月1~3日)は、キャストも登壇するジャパンプレミアご招待がプレゼントされる。(リアルサウンド映画部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play