Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「妖刀物語 花の吉原百人斬り」(c)東映

生誕121年・内田吐夢の特集上映が新文芸坐で開催、「妖刀物語」など11本

ナタリー

19/5/24(金) 16:01

生誕121年を迎えた内田吐夢の特集上映が、明日5月25日から30日まで東京・新文芸坐にて行われる。

本企画は、四方田犬彦が著した「無明 内田吐夢」の刊行を記念したもの。片岡千恵蔵が出演する「妖刀物語 花の吉原百人斬り」「血槍富士」や、落盤事故が起きた炭鉱の中で男たちがエゴをさらけ出す「どたんば」、中村錦之助と有馬稲子が共演し、男と遊女の悲恋を描いた「浪花の恋の物語」など11本がスクリーンにかかる。

5月25日には、四方田が登壇するトークショーとサイン会を実施。詳しくは新文芸坐の公式サイトにて確認しよう。

「無明 内田吐夢」刊行記念 生誕121年 内田吐夢映画祭

2019年5月25日(土)~30日(木)東京都 新文芸坐
<上映作品>
「妖刀物語 花の吉原百人斬り」
「血槍富士」
「限りなき前進」
「人生劇場 飛車角と吉良常」
「飢餓海峡」
「どたんば」
「たそがれ酒場」
「酒と女と槍」
「恋や恋なすな恋」
「暴れん坊街道」
「浪花の恋の物語」
料金:一般 1350円 / 学生 1250円 / 友の会、シニア、障害者、小学生以下(3歳以上)1100円

アプリで読む