Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から宮川大輔、内田有紀、ブラックマヨネーズ小杉。

「息ができなくなった」ブラマヨ小杉、接近してきた内田有紀に胸がキューッ

ナタリー

18/8/28(火) 21:19

本日8月28日、映画「アントマン&ワスプ」のジャパンプレミアが東京・TOHOシネマズ 日本橋にて開催され、日本語吹替版キャストのブラックマヨネーズ小杉、宮川大輔、内田有紀が登壇した。

8月31日(金)に全国公開される「アントマン&ワスプ」は、体長1.5cmになれるスーツを身に着けた“アントマン”ことスコット・ラングと、新型スーツの力を手に入れた“ワスプ”ことホープ・ヴァン・ダインの活躍を描くマーベル作品。日本語吹替版では、ブラックマヨネーズ小杉がスコットの友人・ルイス、宮川大輔がFBI捜査官・ウー、内田がホープに声を当てる。

イベント冒頭では、FBI風の防弾チョッキを着てステージに上がった宮川を、内田と小杉が「気合い入ってますね、さっきまで裏で全然説明聞いてなかったのに……」「裏ではずっとスマホを見てた」とイジって笑いに。宮川は「そんなことないですよ!」と必死に否定した。

先日行われたファンミーティングにて、オリジナルキャストのポール・ラッドとエヴァンジェリン・リリー、監督のペイトン・リードと対面していた宮川はそのときの様子を回想。「ハリウッドでした! 皆さんがハリウッドの風と匂いを持って来はった」「Duty Free(免税店)みたいな匂い」と語るが、小杉からすかさず「それ空港の匂いやん!」とツッコまれてしまった。

各々が演じたキャラクターの話題になると、小杉は「今回のルイスは、警備会社を立ち上げて社長になります。そして念願だった(スコットの)戦いのサポートもできるんです。本当にうれしそうなルイスを見てもらいたい」と呼びかける。一方、宮川は「本当に真面目で一生懸命やっているけど、なぜか空回りする。そこがかわいくて憎めない」とウーの役柄を解説した。

司会から「3人そろってのイベントは初めてとのことですがチームワークはいかがですか?」という質問が飛ぶと、小杉は「きっちり2対1に分かれている」と内田と自分の仲のよさをアピール。しかし同意した内田に近付かれると、戸惑って「キュッ」という奇妙な声を発してしまう。宮川に「ゲップ上がってきてるやんけ!」と指摘されると、「ノリとはいえ、内田さんが近寄ってきたときに胸がキューッと……。『水中か!?』いうくらい息ができなくなった」と何が起きていたのかを説明した。

イベントの最後には、内田が「大輔さんがこれだけ熱狂するくらいの作品なので、家族みんなで観られると思う」と改めて作品をPR。続く小杉は蟻にちなんだうまいコメントをひねり出そうとするが「笑いも涙も感動も詰まっているなんでも“アリ”の……映画に……なっております……」と途中で失速してしまう。また宮川は「ウーもちゃんと観てくださいね。うれしいねん、ウーをやれて。ウー、ウー、ウー」と執拗に自らの役名を連呼して笑いを誘っていた。

(c)Marvel Studios 2018

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play