Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

第6回ハヤカワ悲劇喜劇賞に蓬莱竜太作・宮田慶子演出「消えていくなら朝」

ナタリー

19/1/22(火) 12:51

蓬莱竜太が書き下ろし、宮田慶子が演出を務めた「消えていくなら朝」が、第6回ハヤカワ「悲劇喜劇」賞を受賞した。

「悲劇喜劇」賞は、選考委員と批評・評論家の劇評意欲を刺激する優秀な演劇作品を顕彰することを目的とした賞。6回目の開催となる今回は、今村忠純、鹿島茂、杉山弘、辻原登の4名が選考委員を務めた。贈賞式は3月29日に東京・明治記念館で行われ、受賞作には正賞として雑誌・悲劇喜劇にちなんだ賞牌と、副賞100万円が贈られる。なお詳細な選考過程の採録と、選考委員それぞれが推薦する作品の劇評は、4月5日発売の「悲劇喜劇」5月号(早川書房)に掲載される。

昨年2018年7月に東京・新国立劇場 小劇場で上演された「消えていくなら朝」は、2010/2011シーズンより同劇場の演劇芸術監督を務め、2017/2018シーズンをもって芸術監督の任期を終えた宮田の、芸術監督として最後の演出作品。現在の家族のありようや演劇の社会的地位を、私戯曲の手法で問う家族劇で、鈴木浩介、山中崇、高野志穂、吉野実紗、梅沢昌代、高橋長英が出演した。

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える