Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

乃木坂46 松村沙友理、初期のアイドルイベント出演振り返る「“お邪魔します”の気持ちでやってた」

リアルサウンド

19/2/20(水) 11:50

 よしもと所属タレント約6,000人の中から選ばれたメンバーで結成されるアイドルグループ・吉本坂46の選考過程、結成の瞬間から成長などを追いかけるドキュメンタリー番組『吉本坂46が売れるまでの全記録』(テレビ東京系)。2月19日放送回では、POP MONSTERの活動に密着した。

(関連:乃木坂46 衛藤美彩、3月でグループ卒業 “お姉さんキャラ”を開拓した活躍を振り返る

 スタジオからは、レギュラーメンバーの東野幸治、クイズ作家・古川洋平、乃木坂46・松村沙友理が吉本坂46を見守る。番組冒頭、松村沙友理は自己紹介を終えると、「くせがすごいんじゃ~」とノブ(千鳥)のツッコミを真似る。ぐだぐだなものまねに対して東野は「投げやりやん!」といじると、松村は東野にくっつき「にょにょにょにょにょ」と言いながら照れ笑いを浮かべる。東野は「にょにょにょ、やないねん! いかに練習せんでいいやつ探してるだけやん!」とツッコんだ。一方、古川は「松村さんの岡山弁最高だなって思いましたね。かわいくてしょうがない。最高! ファンも喜んでます。」とコメントした。

 同放送では、POP MONSTERがスタジオに登場。さっそく東野は「僕は大好きなんですけど、どうやら日本で僕しかいないみたいです」といじり、スタジオを笑わせた。東野にユニット結成時の心境を聞かれた松浦志穂(スパイク)は「何も見えなかったですよね」と話す。また、歌手になりたかったという松浦。POP MONSTERの楽曲「やっとここまで」について、「好きなバラード調だったというか。歌詞に感情が込められるなと思ったんですよ」と語る。マサルコも「アイドルになりたかったんですよ。でも男なんで諦めてたんですけど、“やっとここまで……でもまだ道は続いてるよ”っていう曲がすごい入ってきましたね」とコメントした。

 VTRでは、POP MONSTERが出演したイベント『ReNY SUPER LIVE』の裏側が放送される。28組のアイドルが出演する同イベント。POP MONSTERが登場するや否や、外に出てしまう観客もちらほら。不安がよぎったメンバーであったが、ライブは無事終了。POP MONSTERは「お客さんが優しかった」と安堵の表情を浮かべた。そして、メンバーは今回の目的である物販へ。ファンだけでなく共演したアイドルたちも続々CDを購入し、喜ぶメンバー。40分にわたる物販も成功に終わった。

 VTRを見た松村は「アイドル好きになる人ってアイドルファンの人が多いと思うので、これ(アイドルイベントの出演)、めっちゃ名案やったと思いますね」と話す。続けて「私たちも最初の頃、指原さん(指原莉乃)のイベントで、他のアイドルの方と共演して、“お邪魔します”の気持ちでやってたりもしてたので」とアイドル新人時代のエピソードを明かした。イベントに来たファンについて、マサルコは「前日に“行きます”って言ってほんまにきてくれて、CDもさらに買ってくれて。めっちゃ嬉しかったですね」とコメントした。

 次回は2月26日放送。吉本坂46初の握手会に密着する。(向原康太) 

アプリで読む