Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

TAKURO(撮影:渡辺一生)

努力とお酒は裏切らない!TAKURO、ギターと歌で魅せたビルボード公演

ナタリー

19/4/8(月) 11:14

TAKURO(G / GLAY)のソロツアー「Journey without a map 2019」が、4月6日の大阪・Billboard Live OSAKA公演をもって終幕した。この記事ではセミファイナルとなった4月3日の東京・Billboard Live TOKYO公演の第2部の模様を紹介する。

アメリカ・ロサンゼルスでレコーディングされた2ndソロアルバム「Journey without a map II」を携えて、TOSHI(Dr)、tatsuya(Piano)、石井ゆかこ(B)、米澤美玖(Sax)、江畑コーヘー(G)というメンバーと一緒に全国を回ったTAKURO。初となるBillboard Live TOKYOでのステージでは、気心知れたバンドメンバーに加え、ゲストにTOKU(Sax)を迎えて約1時間半にわたるパフォーマンスを披露した。

観客が食事を楽しむ中、TAKUROは客席の間を縫って軽やかな足取りでステージへ。スタンバイを終えると「皆様、ようこそいらっしゃいました! 今宵のひとときは幸せなひとときとなりますよう。最後までよろしく!」と挨拶して「Journey without a map II」から「TM St.2am」をプレイする。心地よいアンサンブルを会場いっぱいに響かせ、ギタリストTAKUROの世界にオーディエンスを誘った。「DANDY MAN」でTOKUと掛け合いのようなセッションを展開したあと、「やっててよかった! 努力とお酒は裏切らないというのは本当ですね」とツアーの追加公演を開催できる喜びを口にした。続けて彼は「インストアルバムなのに全曲に歌詞がある!」と「Journey without a map II」に関する裏話を語り、「TIMELESS WONDER」の歌詞付きバージョンを低く渋い声で披露し始める。最初は「東京の街は素敵なところね」と洒脱なフレーズが続いたが、いつしか歌詞の内容はGLAYのインディーズ時期の苦労話にシフト。面白おかしいエピソードの数々にバンドメンバーも大笑いをする横で、TAKUROはシリアスな面持ちで熱唱し続ける。そして、歌の余韻が残る中で「TIMELESS WONDER」のオリジナルバージョンがスタート。すると自然と客席からクラップが起き、軽快なサウンドに彩りを添えた。

穏やかなトーンの「北夜色 Port Town Blues」、石井の歪んだベースが口火を切る「do svidaniya」と「Journey without a map II」からの楽曲を経て、TAKUROは「さらなる秘境へお連れしていいですか? お付き合い願えますか?」と観客に呼びかける。そしてスリリングなセッションで魅せる「Istanbul Night」につなげた。TAKUROは同曲の途中で「HIT THE WORLD CHART!」のサビを情熱的に歌い上げ、観客とのコール&レスポンスを堪能。「何やら俺たち愛し合っちゃいました? GLAYもデビュー25周年でみんなの愛が必要なんです」と笑い、GLAYの新たなミュージックビデオを南の島で撮影することなどを報告した。そして2020年に向けて変化する東京に捧げるように「Swingin' Tokyo 2020」が始まると、ステージ後ろのカーテンが開ききらびやかな夜景が広がっていく。さらにTAKUROは夜景を背に「RIOT」「SARAH 派手にやれ!」を続けて披露し、情熱的なサウンドでオーディエンスを惹きつけた。

一旦ステージを降りたTAKUROだったが、アンコールの声に応えて「みんな優しくて、調子に乗っちゃうなあ」と照れながら再登場。東京や地元函館の変わりゆく風景について言及しつつ、「(僕は)忘れたくない風景や笑顔を音楽にして残すことができるので」と故郷をモチーフにした「やすらぎのチセ」を届けた。TOKUの吹く切なくダイナミックな旋律が光った「SOUL FRIENDLY」を経て、ライブはブルージーな「Journey without a map」でクライマックスへ。TAKUROは去り際にファンと再会を約束して、登場時と同じように軽やかな足取りで去っていった。

TAKURO「GLAY TAKURO Solo Project 3rd Tour "Journey without a map 2019"」2019年4月3日 Billboard Live TOKYO セットリスト

01. TM St.2am
02. DANDY MAN
03. TIMELESS WONDER
04. 北夜色 Port Town Blues
05. do svidaniya
06. Istanbul Night
07. Swingin' Tokyo 2020
08. RIOT
09. SARAH 派手にやれ!
<アンコール>
10. やすらぎのチセ
11. SOUL FRIENDLY
12. Journey without a map

アプリで読む