Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

かもめマシーン「『俺が代』さよなら平成ツアー」より。(c)羽鳥直志

かもめマシーン「俺が代」“さよなら平成ツアー”愛知で開幕

ナタリー

19/4/19(金) 18:41

かもめマシーン「『俺が代』さよなら平成ツアー」が、本日4月19日に愛知・愛知県芸術劇場 小ホールで開幕する。

“憲法にふれる”をテーマに掲げた「俺が代」は、日本国憲法や文部省による当時の教科書「あたらしい憲法のはなし」、尾崎行雄や芦田均の演説をテキストに用いた作品。構成・演出を萩原雄太が手がける本作では、出演者の清水穂奈美が身体を使って憲法を“読む”ソロパフォーマンスが展開する。

萩原は開幕に際し「演劇は、政治のように賛否を問うのでもなく、ジャーナリズムのように告発することとも異なった形で、憲法というフィクションに『触れる』ことができる。そして、その手触りを共有することこそが、僕の『明白な答弁』である」と思いを述べている。上演時間は1時間15分を予定。愛知公演は明日4月20日まで行われ、その後本作は、4月27日から30日までは東京・早稲田小劇場どらま館、5月5・6日に沖縄・アトリエ銘苅ベースにて上演される。

かもめマシーン「『俺が代』さよなら平成ツアー」

2019年4月19日(金)・20日(土)
愛知県 愛知県芸術劇場 小ホール

2019年4月27日(土)~30日(火・祝)
東京都 早稲田小劇場どらま館

2019年5月5日(日・祝)・6日(月・振休)
沖縄県 アトリエ銘苅ベース

構成・演出:萩原雄太
出演:清水穂奈美

アプリで読む