Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

和田たけあき×seeeeecun×キタニタツヤ、ボカロ文化発アーティスト鼎談 東名阪ツアー開催の理由

リアルサウンド

19/3/3(日) 10:00

 ボカロP、ネット発シンガーソングライターとしてシーンを沸かせ続ける和田たけあき、seeeeecun、キタニタツヤの3名が、2019年3月および4月に『Live Fes “Vox Box” Tour 2019』と銘打った初の東名阪ツアーを開催する。ライブは3月10日の名古屋公演にSori Sawada、3月23日の大阪公演にMI8k、4月6日の東京公演にかいりきベアをゲストに迎え、各公演4名体制で行われる。ボカロPのセルフボーカルに様々な解釈がとられるこの時期に、なぜ、大々的なツアーを開催する運びとなったのか。彼らが表現したいのは、楽曲そのものなのか、自分自身なのか。和気藹々としたムードの中、シーンの今後を見据えながら、楽曲制作を年々続けてきた彼らにしかわからない心の内を真剣に話してくれた。(小町 碧音)

(関連:ピノキオピー、4thアルバム『零号』で“泥臭さ”を追求 ナゴムや大槻ケンヂからの影響も語る

■音楽におけるアーティスト=世間的には「歌っている人」

――皆さんはどのようにして出会ったのでしょうか。

一同:出会いか~!

seeeeecun:キタ二と和田さんが一番長いですよね。

キタ二タツヤ(以下、キタニ):多分。

和田たけあき(以下、和田):出会いはライブハウス、渋谷チェルシーホテルだよね。同人音楽界隈のライブがあって。

キタニ:あーー! ライブに客として行った時か。

seeeeecun:俺は、キタニも出ていた須田景凪さん(当時はバルーン名義)のライブで。

キタニ:一昨年の8月?

seeeeecun:そう。その時初めて和田さんと出会って「seeeeecunさんって陰の者じゃなくて、陽の者だったんだ」みたいな。

和田:陰の暗い人だと思ってたんだ(笑)。

seeeeecun:僕はキタニは結構前からボーマス(『THE VOC@LOiD M@STER』)などのイベントで一緒になっていたので、怖い人だなと。

キタニ:顔見知りくらい。

和田:僕はキタニとの出会いは多分、2014年のはずですね。

――ということはキタニさんが2014年に活動を始めた時?

和田:そういうことになりますね。

seeeeecun:3人とも界隈が近いので、最近は結構話すこともあって。昨年はるまきごはんと和田さんと3人でスリーマンライブをしたんですね。その時に、キタニも和田さんバンドのベースで演奏していて、キタ二タツヤとしても一緒にライブやろうっていうことで昨年9月にライブをやって、より親密になったという感じです。

――なるほど。先程、陰キャラというお話がありましたが、皆さん楽曲も割と怖いですよね。

キタニ:そうですね。曲も我々怖いですね。

和田:確かに確かに。

キタニ:それ言ったらseeeeecunも怖めではあるよね。

和田:曲怖いでいえばseeeeecunも怖い。

seeeeecun:怖くないですよ(笑)。でもまぁそうか。怖いか……。人と曲のギャップがすごい好きなのでそうなるのかも。尖ったままなのはかっこいいなとは思いますね。

――尖ってる部分はそれぞれに感じますか?

和田:一番思うのはseeeeecunかもしれないですね。多分僕やキタニってベーシックが闇でその一部を尖らせて曲に出してる感じだと思うんですけど、seeeeecunはベーシックが光なので。

seeeeecun:んふふふふ(笑)。

キタニ:その光から垣間見える闇がね。

和田:垣間見える闇が、無駄なく全部曲に出てる感じがして。

seeeeecun:(笑)。結構、嫌だなと思ったことはすぐ曲にして、ストレスを発散しますね。

和田:だからseeeeecunが嫌そうにしていることがあると、割とその1カ月後ぐらいに曲になって投稿されていることがあります。

seeeeecun、キタニ:(笑)。

――それわかりますか?

和田:わかりますねー。

seeeeecun:恥ずかしい(笑)。

――seeeeecunさんに限らず、キタニさんと和田さんもそういったところってありますか?

和田:僕の場合は思っていることとかはそのままなんですけど、割とフィクションにしちゃうので。

キタニ:割と僕はseeeeecunに近いかな。ただ、そういう曲の割合がseeeeecunはめっちゃ高くて、seeeeecunの荒れ具合はライブパフォーマンスからも伝わってくるから「身が入ってるねー!」って思ってます。

――東名阪ツアーの発起人は誰だったんですか?

キタニ:動いてくれたのはこの2人ですね。

和田:ライブは東京でずっとやっていたんですけど、地方のお客さんからも、関西にも来てほしいと言われていて。一回こっちから行かないといけないなと思いつつも、先延ばしになっていたこともあって、今回ようやく実現しました。

seeeeecun:それで昨年の11月くらいに和田さんと調整して、最初スリーマンで回る予定だったんですけど、各地にゲスト呼んだら面白いんじゃない? って話をした時にMI8kがいたので、大阪でやらない? って声を掛けて。名古屋ならSawadaだよね、みたいな。ただ、東京がずっと決まってなくて……ふと、Twitterのタイムラインでかいりきベアさんを見かけて、かいりきさんと「今度ライブしましょう」って話していたのを思い出して、誘ったら行けますという反応だったので。

和田:ボカロPの仲良い人でなおかつライブする人ってなると少ないので、無理やり増やしにかかってますね。

キタニ:ステージに立つことに抵抗ある・ないでかなり絞られちゃう界隈なので。

和田:確かに確かに。

――そういう意味ではseeeeecunさんと和田さんとキタニさんはステージには出たい側ですか?

一同:出たいすねー。

キタニ:出るべきだと思ってますね。

seeeeecun:裏方は嫌ですね。楽曲提供は活動の一部としてはやりたいですけど、それがメインだと自分の性に合わないところもあって。僕は楽曲提供してないですけど、お二人はどうなのかなと。

キタニ:僕はやっぱり、メインはアーティストとしてやりたいです。

和田:僕もそうですね。提供は依頼あってのものじゃないですか。これから先、僕らみたいに自分で全部できるアーティストが増えていくとなると人に楽曲提供依頼もしないので、自分主体でやっていける状態じゃないと今後仕事は減っていくと思うんですよ。単純に、イヤらしい話、生き残りみたいなものを考えた場合であってもアーティストのほうがいいなとは思いますね。

seeeeecun:自分が中学くらいにギター始めた時から簡単に曲を作れるような技術革新があったらいいなってずっと思ってたんですけど、すぐにそんな時代がきて、ボカロP、そうじゃなくてもSoundCloudやYouTubeに曲をあげている人がいるじゃないですか。そういう人がどんどんCDデビューしているのを見ると、変わったなーと思う。

和田:界隈の話で言うと、僕らが歌うようになった以外にも、作詞作曲をする歌い手が増えてきたのもあるんですよ。これからはどんどん一人完結の状況になっていくと思う。それと、ボカロPは大きく分けるとアーティスト派かプロデューサー派に分かれる。アーティスト派は歌うしかないんじゃないかなって。僕がボカロを始めたのは、歌わずとも自分の名前でアーティスト活動ができるからなんですね。だから別に僕は歌いたいわけじゃなくて。でも何年かボカロをやって気付いたのが、音楽におけるアーティストって世間的には「歌っている人」だということなんですよ。

キタニ:めっちゃわかる。アーティスト名は歌っている人の名前になりますからね。

和田:だから、アーティスト=歌手なんですよね。僕としては嫌なんですけど、しょうがないのかなって。ボカロだけをやっていても、世間は少なくともアーティストとしては見てはくれない。そこで仕方なく歌い始めたら、結構楽しかったっていうのはあります。

――和田さんは昨年の9月にセルフカバーアルバム『かおなしスタンプ』を出されてましたよね。

和田:そうですね。一昨年の春ぐらいにもう歌わないとどうしようもないと思って。それで半年ぐらい練習をして、ライブをやり始めたんです。

――そういう意味ではseeeeecunさんも前からセルフカバー動画を投稿されていましたよね。

seeeeecun:そうですね。昨年、Doctrine Doctrine(歌い手・宮下遊とのプロジェクト)をやったときに、自分が作った曲は、もっと自分で表現してみたいなと思ったんですね。ボカロPだから、プロデューサーって言われるんですけど、プロデューサーじゃねえしみたいな感じもずっとあったので、新曲の「ケモサビ」は自身歌唱を原曲として、YouTubeに投稿したんです。

――自分の曲を歌い手さんが歌って注目されるのを目の当たりにすると、自分のことも見てほしいという感情が湧き出てくるんですね。

seeeeecun:そう。もっと自分でもやりたいと思うようになって。ちょうどその時久しぶりに配信でMr.Childrenの曲を聴いたんですよ。彼らが音楽の原点といえるものだったので、「俺がやりたかったのは桜井さんだった~!!」って。

キタニ:初期衝動を思い出したんだね。

seeeeecun:そういった紆余曲折あって、今年から自分で歌うスタイルもやり始めたという感じですね。今後ボカロ楽曲をあげる予定もあるんですけど、増えていくのは自分で歌う方です。今ってiTunesとかって邦楽洋楽ごちゃ混ぜじゃないですか。最近The 1975っていうバンドをよく聴いてるんですけど、その隣に僕のアルバムが並ぶとしたら、ボカロじゃなく自分が歌った作品があってほしいっていう気持ちがあって。今まで憧れてきた人たちの、大袈裟に言うと歴史の中のひとりになりたいですね。

――キタニさんはいかがでしょう?

キタニ:僕が歌い始めたのは、ボカロ曲として公開した「芥の部屋は錆色に沈む」という曲が自身初の10万回再生を達成したときで。ありがとう!っていう気持ちで、その曲のアコースティックアレンジを弾き語りで投稿したら、意外と反響が良くて。その頃、すでにセルフカバーしている人もちらほらいたから、小さい頃から歌うのは好きだし、じゃあ俺もやってみるかって。実際にライブをするようになっても、多分俺はちゃんとできる! じゃあやるかー! って。全然深い考えはないんですけど、周りに背中を押されたんですよね。

和田:一番自然だよね。

キタニ:そうですね。僕は高校生の頃からバンドをやっていて、ずっとベースを弾きながら歌ってたので、歌うことへの抵抗はなかったですね。

seeeeecun:キタニが歌い始めたことで若干感化されたんですよ。セルフカバーの活動には憧れはあるけど、反発する既存のボカロファンも出てくるわけだから、怖さもあると思っていたんです。だけど、スルッとすり抜けていくキタニを見たら、作品がいいと評価されるんだな、じゃあもう頑張るしかないって。

キタニ:やっぱり再生回数はセルフカバーより、ボカロの方が伸びる傾向にあったんですけど、少しずつセルフカバーがボカロの原曲を追い抜くようになってきたから、俺コツコツ頑張ったなーと思ってたんですけど。褒めてくれて嬉しいです(笑)。

■ボカロがあったから新しい文化ができていることに感謝したい

――今回のツアーでは3人とも自分の曲を歌うんですか?

seeeeecun:そうですね。今までずっとそうだったので。

キタニ:「僕たちはただボカロPとして完結するものではないです」っていう意思表示にもなりますよね。それこそ「自分はシンガーソングライターです!」って言ってアルバムも出したし。

――キタニさんはこれからシンガーソングライターとして活動するわけですが、こんにちは谷田さん(ボカロP名義)としても今後活動されることはあるのでしょうか?

キタニ:あんまりやるつもりないですね!(笑)。こうやって言うと、もともといたファンの方に「えー、やってよー!」って言われがちなんですけど、僕は今までの名義で活動するつもりはなくて、これからはシンガーソングライターで頑張っていこうって思っています。お二人はどうなんですか?

和田:僕は今まで通りですね。単純に自分の作品だとボカロ版のほうが好きなんですよ(笑)。

キタニ:はははは(笑)。

和田:やっぱり歌うのは、アーティストだぞっていう意思表示と、ライブがしたい、この二つの要因から成っているんですよ。そう考えた時に、自分の作品として一番いい形は今のところはボカロだなとは思ってはいるので、両方やっていきます。ただ、ボカロPって名乗るのはやめようかなと思ってます。僕最初から別にプロデューサーのつもりはないけど、ボカロPですって自分で言っちゃってたらそりゃプロデューサー扱いされるよなと。

――そういえば、seeeeecunさんとこんにちは谷田さんの名前にはPはついてないですけど、なにか理由があったんでしょうか。

キタニ:それはシンプルにP名をつける文化が徐々に廃れてきているからですね。活動したての時、動画のタグに「なんとかP」がいいんじゃないかってリスナーの方に提案されたんですけど、僕は積極的にそれを消してて。

seeeeecun、和田:はははは(笑)。

キタニ:一種オタク文化としての伝統だったんですよ。俺はボカロ大好きだったけど、P名をつけることで自分の可能性を絶って、周りに対してある種の壁を作ってしまうことになるのは嫌だなって。ボカロが歌ってる曲だとボカロファンしか聴いてくれないけど、僕が歌ってると中学、高校の同級生でさえも聴いてくれるんですよ。僕がボカロをやらなくなったのもそういう明確な変化を感じたからで。ただ、ファンベースを築けたのは、ボーカロイドの世界のおかげなので、そこへの感謝は絶対に忘れたくはないし、これからもボカロ曲は普通に聴く。だから、表現的には間違いではないけど、ボカロを踏み台にしているように見えてるのはちょっと寂しいかな。自分にとっては、今まではボカロの力を借りて来たから、これからは独り立ちしていくんだよっていう気持ちですね。

和田:僕はボカロを始める前から、自分含めて聴いてきた人たちも全員アーティストだと思っていたから、ボカロは音源だと僕はずっと思ってる。

seeeeecun:でも結局ボカロっていう文化があったから今のネットシーンがさらに盛り上がっているんだと思うんですよ。さっきも話したようにボカロ文化が発展して歌い手さんが自分で曲を作るようになったりしている。それはすごいことだと思っていて。だからボカロを忘れようとかじゃなく、ボカロがあったから新しい文化ができていることに感謝したい。

和田:あと最近思うのが、初音ミクはもうアーティストとして成立してるということ。キャラではあるけど、存在がでかすぎて、僕らの仲良いボカロP達にも初音ミクをメインにしている人って実はほとんどいない。

seeeeecun:はるまきごはんくらいじゃない?

和田:そう、はるまきごはんぐらい。今はv flowerが多い。キタニは鏡音リンちゃんが多いし、僕は音街ウナばっかりですし。多分初音ミクの存在自体に個性が表れ始めているから、楽器として使うには気が引けるというか。今まで皆で育てようとしていたけど、育ち過ぎちゃった感じがありますよね。

――初音ミクが、ひとりの人になったみたいな。

和田:僕はそう思ってて。まあアーティストになってるのは間違いない。

――和田さんは音街ウナやか結月ゆかりなどをよくMVに使われていますが、何か理由があるんですか?

和田:最近はMVにボカロキャラは出してないですけど、成り行きもあったんですよね。例えば「チュルリラ・チュルリラ・ダッダッダ!」は結月ゆかりを使った曲を全部入れたベストアルバム的なものを作るにあたっての書き下ろし曲だったんですよ。そういうところからウナやゆかりをMVに出したんです。結果、すごく伸びたし、動画としてもあのスタイルが気に入ったので、一個のシリーズとして完成しました。シリーズ感があったほうが面白いしサムネがマカロンみたいになるから好きなんです。

seeeeecun:逆に僕、(みつき)さなぎ(イラストレーター)に、MVに絶対ボカロのキャラクターは出さないでって言ってたんです。もちろんボカロのキャラクターに対する書き下ろし曲なら別なんですけど僕の物語だからストーリーの中にボカロはいないんですよ。僕がストレスを抱えたことだし、実際に体験したことも含まれているので、なるべく、さなぎが書くイラストの女の子や男の子に寄りたくて。

――そういう意図が隠されているんですね。

seeeeecun:そうなんですよ。だからMVのスタイルは人によってかなり分かれているんじゃないかな。あと、僕はMVがものすごく好きで今まで色んなMVを観てきたんです。洋楽や邦楽などのいわゆる実写作品を観てきたから、こっちの界隈に来たときにアニメーションばかりなのには衝撃を受けて。実際に実写のMVよりアニメーションのほうが受け入れられやすい。と、思いつつも最近は実写MVをやりたいなと思っています。キタニの「I DO NOT LOVE YOU.」もカッコよかった。

キタニ:じゃあ、seeeeecunも外に出よう。

和田:これからseeeeecunも出演しないと。

seeeeecun:そういう新しいことも今後増えていく気がして。

――今回のツアーではそれぞれのどういったところを見せたいですか?

和田:僕自身ですね。やっぱりライブって僕の中では良否を超えた自分自身を魅せる場だと思っているんですね。MV、さらにはボカロで自分の楽曲を表現するとなると、自分の作品だとしても正直、そこに自分はいない気はしているんですよ。だからライブでは俺を見に来てくれ!っていう感じです。

――お客さんの反応もそこでやっとわかるというか。

和田:そうですね。反応に関しては、即売会とかでも感想を言ってくれる人もいるんですけど、自分自身とお客さんとのコミュニケーションはライブでしか成し得ないとは思うので。

キタニ:ステージ上で醜くもがく俺たちを見届けてくれっていう感じ。

seeeeecun:涼しい顔で曲作ってんじゃねえんだよ、っていうね。

キタニ、和田:ははははは(笑)。

seeeeecun:我々は生きているんだ!

キタニ:かっこいい瞬間も全然カッコよくない瞬間も含めて魅せられるのがライブという表現だと思うので全部洩らさず見てほしい。何なら動画録って、SNSで来れなかった皆さんにおすそ分けしてほしいし、今回行けなかった人がそれを見て、次は行くか!ってなれば嬉しいし。あと、このやり方が当たり前だと示すことでシーンの可能性の枝がどんどん広がっていくことの手助けになるんじゃないかな。

seeeeecun:最初に聴いた曲は有名なシングル曲かもしれないけど、ライブを観ることで知らなかった曲に出会えたり、アーティストのことをもっと知ろうと思えたりしてすごく楽しくなることがあるんですよね。そういう感覚を共有したいし、みんなにはもっともっと生で、ライブで音楽を楽しんでほしいなって思います。(小町 碧音)