Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ナオト・インティライミ、TikTokアーティスト発掘プロジェクトに驚き「すごい時代やってきてる」

リアルサウンド

19/4/4(木) 23:00

 TikTokが初となるアーティスト発掘プロジェクト『TikTok Spotlight』のカンファレンスを4月4日、渋谷ストリームホールにて開催した。

 『TikTok Spotlight』は、日本から世界で活躍しうる逸材を発掘するグローバルプロジェクト。パートナー企業としてエイベックス、LINE MUSIC、Spotify、SUMMER SONIC、ユニバーサル ミュージック、ワーナーミュージックなど12社/レーベルが参加している。

 カンファレンスには、TikTokを運営するByteDance株式会社のグローバル・ビジネスディベロップメント シニアディレクター 井藤理人氏をはじめ、サポーターであるchay、COLOR CREATION、I Don’t Like Mondays.、今井了介(TinyVoice,Production)、Leola、MANABOON(TinyVoice,Production)、MONKEY MAJIK、PrizmaX、ナオト・インティライミ、TeddyLoidが登壇した。

 審査は、1st Round、2nd Round、Final Roundと計3回行われる。Final Roundでは、審査項目としてLINE MUSIC再生回数、SUMMER SONICに用意されるTikTok Stageでのライブ審査も行われる。サポーター陣は、各審査に関わるほか、それぞれのTikTokアカウントでユーザーが制作した楽曲を使用して動画を制作することもあるという。

 今回の企画について、I Don’t Like Mondays.は「新しいプラットフォームから、また新たな才能が生み出されるのはすごくワクワクする」と企画への期待を語り、MANABOON は「CDからサブスクリプションやTikTokといった新しいものにどんどん移り行く時代のちょうど潮目が変わる時期だと思います。曲に対する新しい価値観がここから生まれていくいいなと思います」と語った。また、Leolaは「審査が進むにつれて、LINE MUSICで歌を聴いてもらえたり、パフォーマンス審査でSUMMER SONICのステージに立てたり、私自身羨ましいなという気持ちがあります」とコメントした。

 「自身で投稿するならどんな動画を上げる?」という質問に対して、COLOR CREATION は「僕らのグループは歌が武器なのでアカペラで撮影する」と実際にアカペラを披露し、PrizmaXは「グループのグルーヴ感を大事にしたい」と実際にステージ上でダンスパフォーマンスを披露した。

 ナオト・インティライミは「僕が音楽で飯を食っていきたいなと目指していた時は、PCやネットが盛んじゃない時代だったので、直接デモテープを音楽事務所に売り込みにいっていた。そう考えると、自分の部屋から出なくても表現できる場があるというのは、当時からしたら信じられないぐらいすごい時代がやってきてる」と驚きを示し、続けて「ただ、たくさんの方々が同じようにチャンスがあるわけですから、その中で埋もれないためにも個性を出して頑張ってほしい」と参加者にアドバイス。森崎ウィンは「昔先輩に言われたのが、0から1にすることはすごく難しいんだよ、と。勇気を出して一歩踏み出してほしいなってすごく思います」とエールを送った。

 囲み取材にはMONKEY MAJIKとPrizmaXが登場。「ウマーベラス」のヒットの反響について、MONKEY MAJIKのメイナード・プラントは「TikTokの人だってよく言われるんですけど、(MONKEY MAJIKは)来年20周年なんで(笑)。(TikTokでバズったことは)本当にみんなビックリしたんです。すごく嬉しかったです」と感想を述べた。また、森崎ウィン(PrizmaX)自身がTiKTokを使うか聞かれると「個人的にダウンロードして見たりするんですけど、けっこう可愛い子がいるんですよね(笑)」と冗談を言い、会場に笑いが溢れる。

 TikTokを運営するByteDance井藤氏は、TikTokのユーザーに刺さっているアーティストのジャンルや傾向について、「1年前に始めた当初は、音遊びという感覚で、テンポが良い、リズム感のあるダンサブルなコンテンツに紐づくミュージシャンやグループが流行りました。でも、今現在の一般的なユーザーで言うと、こういうジャンルのアーティストが流行る、流行らないの方程式が成り立たない、どこにも偏っていません。流行った曲も必ずしも新曲ではなく、数年前にリリースされた楽曲、リリースされていない楽曲でも、ユーザーの投稿によって広がっていくこともあります。ユーザーが本当に面白いというものに飛びついていく、それが連鎖していくというのが僕らの持ってるイメージですね」と答えた。

 何が流行るか分からない、一人の投稿でバズる可能性がある、それこそTikTokの面白さであり、今回のオーディションも誰にでもチャンスがあることがうかがえる。なお、参加受付は、4月5日から5月31日まで行われる。

(取材・文=本 手)

■応募要項
1.応募資格
・満13歳以上
・国籍不問。日本国内在住。
・メジャーレコード会社との契約のない方。
・未成年者の方は、保護者の同意が必要。
・演奏形態、ジャンル、個人、グループは不問。

2.応募期間
・2019年4月5日(金)〜2019年5月31日(金)

3.応募方法
・TikTokアカウントを取得し応募規約に同意の上、指定の応募フォームより必要な情報を入力し、楽曲をアップロード。
・応募楽曲を使って1本以上の動画をTikTokに投稿。
<アップロードする応募楽曲について>
・1アカウントにつき2曲以上、1曲につきそれぞれ以下のバージョンをアップロード。
・15秒〜60秒バージョン(必須)・フルバージョン(任意)
・応募楽曲はオリジナル楽曲及び音源に限る。他人の作品の著作権や原盤権を侵害する応募は禁止。当該応募者は失格。
・応募に関しては、後日、TuneCore Japanを通しての応募受付も予定。
(TuneCore Japanにおける応募受付URLは、後日アナウンス予定)

<参加レーベル、パートナー企業>※アルファベット順
・avex Entertainment Inc.
・AWA
・LINE MUSIC
・LINE RECORDS
・Sony Music Labels Inc.
・Spotify
・SUMMER SONIC
・TinyVoice,Production
・TuneCore JAPAN
・UNIVERSAL MUSIC LLC
・WARNER MUSIC JAPAN

<参加サポーター>※アルファベット順
・足立佳奈
・AKIRA(TinyVoice,Production)
・chay
・COLOR CREATION
・I Don’t Like Mondays.
・今井 了介(TinyVoice,Production)
・Leola
・MANABOON(TinyVoice,Production)
・MIYAVI
・MONKEY MAJIK
・森崎ウィン(PRIZMAX)
・ナオト・インティライミ
・SUNNY BOY(TinyVoice,Production)
・TeddyLoid
・UTA(TinyVoice,Production)

アプリで読む