Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ルームロンダリング」公開初日舞台挨拶の様子。左から片桐健滋、木下隆行、オダギリジョー、池田エライザ、伊藤健太郎、渋川清彦。

「ルームロンダリング」ドラマ化決定、池田エライザ「まだまだ離れられない」と笑顔

ナタリー

18/7/7(土) 12:11

本日7月7日、「ルームロンダリング」の公開初日舞台挨拶が東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、キャストの池田エライザ、オダギリジョー、渋川清彦、伊藤健太郎、木下隆行(TKO)、監督を務めた片桐健滋が登壇した。

本作は、池田演じる八雲御子がいわく付きの物件に住み込み、自殺や殺人の履歴を浄化するルームロンダリングを通じて自分の人生と向き合う物語。御子の叔父・悟郎をオダギリ、御子の引っ越し先の元住人で幽霊の公比古を渋川、御子の隣人・亜樹人を伊藤、警官の野口を木下が演じた。

本作を「私を含め、世の中の人にある少しモヤっとした部分を丁寧にすくい上げてくれる作品」と紹介した池田は、「御子ちゃんは私に近いので楽だった反面、彼女が自分を超えていく瞬間を演じるのは難しいところもありました」と役柄を振り返る。「なんとなく池田さんって暗くて……」と切り出したオダギリは、「その暗さはどこから来てるのかなって興味が湧いて、撮影の合間に話してたんです。そしたらすごく面白い環境で育っていることがわかって、俳優に必要な感性を持っているなと感じました」と池田を称賛。「言わされている感……」と池田がじっとり見つめると、オダギリは「台本に書いてあるんです(笑)」と冗談めかして言いつつ「いや、本当にそう思っているんですけどね。変な空気にしてすみません」と謝罪した。

それぞれの役柄について尋ねられると、初の幽霊役を演じた渋川は「幽霊は足がないからどうやって足をなくそうかなと思ったんですけど、できなかったです(笑)」とジョークを飛ばし、木下は「僕の正義の部分が出ているなと」と胸を張る。自身とは真逆のタイプだったという伊藤は「亜樹人は眼鏡がポイントのアイテムだったので、監督と掛け直し方などを工夫しました」と明かす。池田との共演について聞かれると「やっぱり暗い……いや、いい意味です!」とオダギリの言葉を繰り返す伊藤。池田は映画祭などでようやく話すようになったことを打ち明けると、「御子ちゃんと亜樹人の関係性と同じテンポで仲良くなりました」と語り、伊藤も「そうですね、撮影が終わってからという(笑)」と同意した。

オダギリは、撮影現場の様子を「現場って監督の人柄がすごい出るんですよ。スタッフみんなが監督の脚本に惚れ込んで、それぞれの仕事を一生懸命やっていて。そういう1作目を経験している片桐さんを見ていてうれしくなりましたね」と振り返る。片桐が「撮影中は毎日大好きな人に囲まれていて、よくわからない気持ちだったんですが、クランクアップのときには泣いちゃって」と明かすと、渋川から「泣いてもいいよ!」と茶々が入る。それに「泣かないの(笑)」と返した片桐は「個人的なことを言うと、御子ちゃんというキャラクターは一緒に脚本を書いていたやつと下北沢の居酒屋で飲んでいたときに、ぽっと生まれたんです。そして、観ていただいた皆さんの心がさっぱりするようなものにしたくて、この作品を作りました」と本作への思いを語った。

舞台挨拶の最後には、池田から「ルームロンダリング」テレビドラマ化決定のサプライズ発表が。池田は「まだまだ『ルームロンダリング』離れできないのが素直にうれしいというか、皆さんにこれからもお届けできるのが幸せです」と感無量の様子で述べた。ドラマの放送時期やキャストなどの詳細は追って発表される。

(c)2018「ルームロンダリング」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play