Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

©「天」製作委員会

古川雄輝が井川ひろゆき役、福本伸行原作のドラマ『天 天和通りの快男児』

CINRA.NET

18/8/18(土) 13:17

今秋にテレビ東京ほかで放送される連続ドラマ『天 天和通りの快男児』の追加キャストが発表された。

同作は、福本伸行による麻雀漫画『天 天和通りの快男児』の実写ドラマ版。麻雀の請負業を営む天貴史と、天に憧れる井川ひろゆきが、日本の裏麻雀界の頂点を決めるために神域の男と呼ばれる伝説の雀士・赤木しげる、関西屈指の現役最強の雀士・原田克美らに戦いを挑んでいくというあらすじだ。天貴史役を岸谷五朗、アカギこと赤木しげる役を吉田栄作が演じることが明らかになっていた。

発表された追加キャストは、井川ひろゆき役の古川雄輝。井川ひろゆきは『天 天和通りの快男児』のスピンオフ作品『HERO~逆境の闘牌~』の主人公で、天とアカギの意志を継ぐという人気キャラクターだ。麻雀が趣味だという古川は、「自分が学生の頃、雀荘で読んでいた漫画のキャラクターを演じられることを大変嬉しく思っています」とコメントしている。

なお同作は、テレビ東京と動画配信サービスParaviがタッグを組んだ第1弾ドラマ。古川雄輝がテレビ東京のドラマに出演するのは初となる。

古川雄輝のコメント

井川ひろゆき役に決まったときの感想を麻雀好きである点を交えて
大好きな「麻雀」が題材の作品にデビュー当時から出演したかったので、福本先生原作作品に出演できることになり、とても光栄です。
自分が学生の頃、雀荘で読んでいた漫画のキャラクターを演じられることを大変嬉しく思っています。

井川ひろゆきは理論型雀士だが共通点はあるか
打ち方がひろゆきとまったく同じです。
常に確率が良い、より安全な打ち方を選択しています。

井川ひろゆきを演じた感想
ひろゆきは麻雀も自分と同じ打ち筋で、似ている部分もあるので演じやすいですが、このドラマは「心の声」が多く、そこに難しさを感じています。
また、麻雀の打ち方の動作もひろゆきっぽく綺麗に正確に打てるように意識しています。
毎日好きな麻雀牌を触りながらの撮影なので、楽しく撮影させて頂いています。

初共演となる岸谷五朗、吉田栄作の印象
岸谷さんは男気のある兄貴!という感じです。
二人で芝居するシーンも多く、勉強させて頂いています。
吉田さんは同性である自分から見ても大人の男性としてとても魅力的で格好良く、赤木役にピッタリだと思いました。

ドラマのみどころ
麻雀に人生を賭けた男たちの熱い戦いを是非ご覧下さい!

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play