Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

けやき坂46「ひらがなくりすます2018」の様子。

けやき坂46、初のXmasライブ大成功「来年は皆さんが想像する以上のひらがなけやきに」

ナタリー

18/12/14(金) 0:00

けやき坂46が12月11~13日に東京・日本武道館にて、単独公演「ひらがなくりすます2018」を開催した。この記事では3日目の模様をレポートする。

「ひらがなくりすます2018」は、けやき坂46にとって初めてのクリスマスライブ。この公演では1日1万人、3日間合計で3万人を動員した。オープニング映像の上映を経て、けやき坂46はプレゼントボックスの中から次々と登場。1人ベッドで寝ていた柿崎芽実を潮紗理菜が起こすと、彼女たちは「ハッピーオーラ」でライブをスタートさせた。続く「ひらがなけやき」では後方のスクリーンに巨大なクリスマスツリーが現れ、場内が一気にクリスマスムードに。ダンストラックに乗せてそれぞれが個性あふれるダンスを披露して、オーディエンスを沸かせた。

MCでキャプテンの佐々木久美は「今年最後のライブなんですけど、東村芽依が2018年のライブでやり残したことがあると聞いたんだがなあ……」と東村に話題を振ると、東村は「芽依もMC、回してみたい」とリクエスト。久美は「できる? 芽依ちゃん。じゃあここから芽依ちゃんがMCです」と心配そうに話しながらも、MCのバトンを彼女に渡した。東村は高瀬愛奈と宮田愛萌にクリスマスにまつわる質問を投げかける。クリスマスの思い出を問われた宮田は「去年は2期生でクリスマスパーティをして、すごく思い出に残っていて。今年は2期生だけじゃなくて1期さんたちとも……ひらがなみんなでやりたいと思っています」と回答。久美から「(MCを回すのが)上手。できるじゃん」と褒められた東村は「いえーい!」と無邪気に喜んでいた。

クリスマスムード満点の映像演出が終わると、ライブはユニット曲のコーナーへ。まずは金村美玖、富田鈴花、松田好花がユニット曲「線香花火が消えるまで」をトロッコに乗って歌い、会場を盛り上げた。続いて登場した柿崎と佐々木美玲はアリーナの左右に設けられたリフターに乗り、「三輪車に乗りたい」を歌唱。リフターは地上8mの高さまで上がり、2人はスタンド上層部の観客まで歌声を届けた。潮、加藤史帆、齊藤京子、久美、高本彩花はレトロな雰囲気の衣装に着替えて「沈黙した恋人よ」を可憐に披露。美玲はステージ上部に吊るされた三日月型のオブジェに座って「わずかな光」を熱唱した。

2期生メンバーが「未熟な怒り」を披露したあと、加藤、高瀬、東村、富田、渡邉美穂の5人が「ノックをするな!」をクールにパフォーマンス。1期生メンバーによる「こんな整列を誰がさせるのか?」では会場中を激しくレーザーが飛び交った。チェック柄の衣装に着替えたあと、けやき坂46は「カレーハウスCoCo壱番屋」のテレビCMソング「君に話しておきたいこと」を階段状のセットいっぱいに広がりながら歌唱。「100年待てば」では観客が飛ばしたジェット風船が会場中を飛び交った。

ファッションサブスクリプションサービス「メチャカリ」のCMソング「JOYFUL LOVE」では、メンバーがCMで着用しているカラフルな衣装に身を包んでパフォーマンスを披露。彼女たちが着ている衣装がグラデーションになるように並ぶと、スタンド席ではペンライトがブロックごとに7色に点灯し、日本武道館いっぱいに虹色の光景が作り上げられた。その後、けやき坂46は「期待していない自分」を歌い、2期生のみで「半分の記憶」、1期生のみで「誰よりも高く跳べ!」を熱演して、ラストスパートをかける。「NO WAR in the future」では観客の大合唱を巻き起こし、本編を「ひらがなで恋したい」で締めくくった。

アンコールでは2期生による「最前列へ」と1期生の「永遠の白線」が披露され、メンバーはライブの感想を口にする。その後、けやき坂46は12月10日に日本武道館で開催された欅坂46の2期生およびけやき坂46の3期生の“お見立て会”にてお披露目された、3期生メンバーの上村ひなのをステージに呼び込む。上村は「いつでもどこでも変化球、ひなのなの。14歳の上村ひなのです」と自己紹介し、特技の早歩きを披露。さらに彼女は「ひらがなけやきに必要と思われるような素晴らしいハッピーに満ちあふれたアイドルになることです」と抱負を語り、先輩たちと共にけやき坂46の自己紹介のポーズをして見せた。上村を見送ったあと、けやき坂46は「車輪が軋むように君が泣く」をパフォーマンス。大合唱を巻き起こしてアンコールを終えた。

ダブルアンコールでは久美がマイクを握りしめ「1年前の今日はツアーファイナルの幕張イベントホールで。それから1カ月後くらい経って、武道館2DAYSをやらせていただきました。そのときは『私たちにできるのかな』と不安な気持ちだったんですけど、急遽ひらがながやることになったにも関わらず、皆さんが満員にしてくださって、『私たち、2018年もっとやっていけるかも?』と思えたんです」と思いを吐露。続けて、けやき坂46を支えてくれるファンへの感謝の気持ちを述べたあと、「武道館3DAYSが決まったときは不安なんてなく、『やってやるぞ!』という気持ちで挑むことができました。応援してくださる皆さんに恩返しをしたいという気持ちでたくさん準備をしてきたから今日で終わっちゃうのが本当に寂しい。この時間が永遠に続けばいいなとメンバーみんなが思っています。私たちのライブは皆さんが集まってくださって初めて成立する。楽しい雰囲気とか素敵な思い出とかを作れるこの空間が本当に大好きです」の感極まった様子で話した。最後に彼女は「ひらがなけやきはまだまだこんなところで終わりません! 来年は皆さんが想像する以上のひらがなけやきになって、もっともっと全速力で坂を駆けのぼっていきます。皆さんこれからもひらがなけやきをよろしくお願いします」と決意を述べ、メンバーと共に「約束の卵」を披露。けやき坂46にとって初めてのクリスマスライブは大歓声に包まれながら幕が下ろされた。

※記事初出時、一部写真キャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

けやき坂46「ひらがなくりすます2018」2018年12月13日 日本武道館 セットリスト

00. OVERTURE
01. ハッピーオーラ
02. ひらがなけやき
03. 僕たちは付き合っている
04. 線香花火が消えるまで / 金村美玖、富田鈴花、松田好花
05. 三輪車に乗りたい / 柿崎芽実、佐々木美玲
06. 沈黙した恋人よ / 潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、高本彩花
07. わずかな光 / 佐々木美玲
08. 未熟な怒り / けやき坂46 2期生
09. ノックをするな! / 加藤史帆、高瀬愛奈、東村芽依、富田鈴花、渡邉美穂
10. こんな整列を誰がさせるのか? / けやき坂46 1期生
11. 君に話しておきたいこと
12. 100年待てば
13. JOYFUL LOVE
14. 期待していない自分
15. 半分の記憶 / けやき坂46 2期生
16. 誰よりも高く跳べ! / けやき坂46 1期生
17. NO WAR in the future
18. ひらがなで恋したい
<アンコール>
19. 最前列へ
20. 永遠の白線
21. 車輪が軋むように君が泣く
<ダブルアンコール>
22. 約束の卵

アプリで読む