Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ゾンからのメッセージ」

鈴木卓爾×古澤健によるSF青春群像劇「ゾンからのメッセージ」再上映決定

ナタリー

18/9/5(水) 22:02

鈴木卓爾が監督を務めた「ゾンからのメッセージ」が、9月29日より東京・ポレポレ東中野にて再上映されることがわかった。

本作は「ゲゲゲの女房」「ジョギング渡り鳥」で知られる鈴木が、「今日、恋をはじめます」の古澤健によるオリジナル脚本を映画化したSF青春群像劇。20年前から謎の現象“ゾン”に囲まれた夢問町を舞台に、住人たちの人間模様が描かれる。ある日、ゾンから謎のVHSテープが飛来し、住人たちに変化が起き始めていく。古澤は本作で初のプロデュースを担い、映画美学校アクターズ・コース第2期高等科修了生が中心となって制作。撮影は主に埼玉県深谷市で行われた。

町がゾンに覆われたあとに生まれ、VHSの謎を解明しようとする羽佐間一歩に高橋隆大、一歩の幼なじみでゾンに魅かれる彼を心配する安藤麗実に長尾理世が扮している。また唐鎌将仁が夢問町で自己啓発セミナーを主催する二宮賢治、石丸将吾がゾンの向こうに消えたバンドメンバーの帰りを待つ永礼貫太郎、飯野舞耶が住人のたまり場・BAR 湯で働くある秘密を抱えた狩野晶、律子がBAR 湯のオーナー兼ママでゾンが発生する前から町を出たことがない常本道子を演じた。そのほか古川博巳、山内健司がキャストに名を連ねている。澁谷浩次(yumbo)が音楽を担当した。

「ゾンからのメッセージ」は連日14時30分から1週間限定上映。また10月13日より神奈川・横浜シネマリンでも公開される。現在、予告編がYouTubeにて視聴可能だ。なお古澤が監督を務めた「青夏 きみに恋した30日」は、全国で公開中。

(c)不写之射プロ / 映画美学校

アプリで読む