Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

培ってきた力で物語を引き立てる 『まんぷく』芦田愛菜によるナレーションの魅力

リアルサウンド

18/11/3(土) 6:00

 10月にスタートしたNHK連続テレビ小説『まんぷく』で、ナレーションを担当している女優・芦田愛菜。天才子役として世間に注目されてきた芦田は、映画やドラマで活躍するだけでなく、実は声の仕事でも抜群の演技力を発揮している。そこで今回は、芦田愛菜の声の仕事について考察してみたい。

 芦田は、2004年6月23日生まれの現在14歳。2007年に3歳で芸能界に入り、2009年『ABCショートムービー2“だいぼーけんまま”』(朝日放送)で子役デビューを果たす。芦田が一躍世間に注目されたのが、2010年のドラマ『Mother』(日本テレビ系)。7歳以上というオーディション条件の中、ダメもとで5歳で応募し、設定を変えてまでキャスティングされたという逸話を持つ。その後も、2011年の『マルモのおきて』(フジテレビ系)で人気を不動のものにし、2013年には映画『パシフィック・リム』でハリウッドに進出するなど、天才子役として世界的に活躍することに。

 そんな芦田に声の仕事が舞い込んでくるのは必然的。『Mother』と同じ2010年に『怪盗グルーの月泥棒 3D』ではアグネス役で声優に初挑戦。その年齢でしか出せない幼い声と、確かな発音と演技力という、天才子役にしかできない声優ぶりを発揮している。また、海外ドラマの吹き替えに初挑戦した『チェスター動物園をつくろう』での海外ドラマNAVIのインタビューでは「口に声を合わせるのではなくて、本当に自分が役になりきって演技しているところを想像しながら声を出さないと、その場面に合った適切な声が出ないので、そういったところが難しかったです」と、女優として演じるように声を出すことを10歳で理解しているところにプロフェッショナルを感じた。

 しかし、成長にするにつれ子役として難しい時期に突入。『怪盗グルー』シリーズの3作目『怪盗グルーのミニオン大脱走』で再びアグネス役を担当したときは、13歳になっており、「アグネスの子供らしい無邪気な感じを出すのが苦労しました」と、あの芦田が「苦労しました」と言うほどだった。成長して声が変わるのは仕方がないことだが、昔に比べハキハキとした聞き取りやすい声になった印象を受け、児童キャラは難しいものの、声優という観点から見ると可能性が広がったように思う。

 それから、中学生になった芦田は、テレビ朝日の『気づきの扉』というミニ番組で初のナレーターを務める。様々な著名人たちを成長させた“気づき”にまつわるエピソードを紹介する番組で、「テーマやメッセージの内容に合わせて読み方を変えたり、ここはと思うところは感情を強めに表現したりして、見る方に届くように頑張った」とコメント。実際聞いてみると、最初は成長した声に芦田とは気づかず、吹き替えの時とは違い、しっかりと俯瞰で物事を伝えるトーンで語り、エピソードのピークになると演技とはまた違った力強い声で気持ちを伝えていた。

 そして今年、朝ドラ『まんぷく』のナレーションに抜擢される。本作は、インスタントラーメンを生み出した日清食品の創業者の安藤百福とその妻・仁子の半生をモデルに描いた物語。芦田がブレイクした時に「チキンラーメン」のキャラクターである「ひよこちゃん」を演じていたCMが話題となったが、それから大きくなり、創業者の物語を神の視点で語ると言うのは感慨深いものがある。

 ナレーションについて芦田は、「15分という短い時間の中で、お芝居をより分かりやすくするために、ナレーションはあるのかなと思っていて、そのシーンの雰囲気を壊してしまわないように、“良い意味で存在感を消して”、少し離れたところから登場人物たちを見守っていられるような存在でいられたならと。その雰囲気にあったナレーションをするというのは、演じるという部分にもつながったりするのかなと思います。変に気取ったりせずに、等身大の私でナレーションを出せていただいてます」と語っている。今までの朝ドラは出演者以上にナレーションが心情を語ったり、物語の展開をナビゲートする役目を果たしてきたが、若手ではなく安藤サクラと長谷川博己といった実力派が主演を務めているのもあり、『まんぷく』では極力それを抑えて、芦田が培ってきた確かなナレーション力でドラマを引き立てている。また、戦前から始まる昔の話であり、ヒロインを含めて若干年齢が高めのキャスティングとなっているので、そこで若い人の声を入れたことは正解だと思う。

 最近の芦田は、学業との両立もあってか連続ドラマよりCMやナレーションで見ることが多い。中学生という成長過程の難しい時期でも、等身大の自分を出せるキャラにうまくシフトチェンジをしたと言えよう。子役から声優になる人は多いが、芦田もまた、声というジャンルでもこれからもっと活躍していきそうだ。

(文=本 手)

■放送情報
NHK連続テレビ小説『まんぷく』
10月1日(月)〜2019年3月30日(土)【全151回】
作:福田靖
出演:安藤サクラ、長谷川博己、内田有紀、松下奈緒、要潤、大谷亮平/桐谷健太、片岡愛之助、橋本マナミ、松井玲奈、呉城久美、松坂慶子ほか
語り:芦田愛菜
制作統括:真鍋斎
写真提供=NHK
公式サイト:https://www.nhk.or.jp/mampuku/

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play