Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

映画「小さな恋のうた」完成披露舞台挨拶の様子。

M!LK佐野勇斗、MONGOL800「小さな恋のうた」映画化作品で主演!「大自信作です」

ナタリー

19/3/13(水) 20:49

M!LKの佐野勇斗が、5月24日に全国公開される映画「小さな恋のうた」で主演を務めることが発表された。

この映画は、MONGOL800が2001年に発表した同名楽曲をもとに製作されたオリジナルストーリーの作品。「小さな恋のうた」の映画化は2018年5月に行われたMONGOL800のライブでメンバーの口から発表されていたが、キャストや内容は今までベールに包まれていた。

本日3月13日に東京・バルト9で今作の記者会見と完成披露舞台挨拶が行われ、映画に関する詳細が明らかになった。物語の主人公となる太陽のように明るいベースボーカル担当・真栄城亮多を演じる佐野のほか、作品にはドラム担当の池原航太郎役で森永悠希、亮多の親友でギター担当の譜久村慎司役で眞栄田郷敦、慎司の妹・譜久村舞役で山田杏奈、ベース担当・新里大輝役で鈴木仁、米軍基地内で暮らす少女・Lisa Crewman役でトミコクレア、練習スタジオ兼ライブハウスのオーナー・根間敏弘役で世良公則が出演。監督は橋本光二郎が務める。

記者会見で、キャスト陣が半年にわたってバンド練習をしていたことが明かされると、佐野は「『挑戦だな』と思いましたけど、この練習があったからこそ絆が深まったし、バンド感が出たんじゃないかなと思います」と振り返った。楽器の演奏経験については「まったくなかったです。学校のリコーダーくらいしか(笑)」と笑いつつ「ベースを弾いてしかも歌う、ということは大きな壁で、難しかったんですけど……大好きなMONGOL800さんの歌を歌わせていただくということで、失礼のないように死に物狂いでやろうと思いました」と胸に抱いていた思いを明かす。すると世良は、真剣にバンド演奏に取り組んだ共演者たちに対して「本当に彼らの中で曲が生まれて育っていって、聴くものを感動させていった。彼らの音楽が映画を育てているという実感を持てる、いいバンドでしたね。最高のバンドだよ」と太鼓判を押し、佐野や森永、山田は「うれしいですね」とうれしそうな笑顔を浮かべていた。

また、質疑応答で「小さな恋のうた」という楽曲について報道陣に問われると、佐野は「僕が中学生の頃、授業中に音楽室からこの曲が聴こえてきて、そのメロディに“一目惚れ”してしまって。帰ってから親に頼んで、ダウンロードしてもらったんです。僕にとって、初めてダウンロードで買った曲が『小さな恋のうた』なんですよ」と作品との縁を感じるようなエピソードを明かした。

会見のあとに行われた舞台挨拶では「MONGOL800さんは小さい頃から知っていましたし、『小さな恋のうた』は大好きな曲だったので、ものすごいプレッシャーがありました。僕自身ファンですし、ファンの皆さんに失礼のないようにしないとなと、練習は相当がんばりました」と改めて役にかける思いを語った佐野。お気に入りのシーンについて聞かれると「全部好きなんですけど、学校の屋上で3人で歌うシーン。(試写で)観ていても気持ちよかったし、演じていても気持ちよくて感情も入ったシーンです」と明かした。

また、今作が映画デビュー作となる眞栄田は「とにかくここにいるメンバーに支えられました。本当に現場に恵まれ、温かい現場で。感謝しております。佐野さんも……」と緊張の面持ちで挨拶し、彼の様子を見ていた佐野や共演者たちは「硬いよ!(笑)」とツッコミを入れて場のムードを和らげる。「緊張してます(笑)」と照れ笑いを浮かべた眞栄田は「佐野さんも本当に引っ張ってくださったり、深い話もしましたし……」と撮影を振り返っていた。

最後に佐野は「今この舞台挨拶を見てもらったらわかってもらえたと思いますが、友達以上の“バンド”になれたと思います。伝えたいことがたくさんある作品で、1人ひとり感じることが違うと思うので、感じたことを周りの方に伝えてほしいなと思います。大自信作となっております!」と監督、キャストを代表して作品をアピールした。

(c)2019「小さな恋のうた」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える