Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

オダギリジョー

オダギリジョー監督作が始動!撮影クリストファー・ドイル、衣装ワダエミ

ナタリー

18/7/1(日) 12:00

オダギリジョーが、自身のオリジナル脚本に基づく映画を監督することがわかった。

オダギリは2007年に主演ドラマ「帰ってきた時効警察」の第8話、2008年に中編映画「さくらな人たち」を監督しているが、このタイトル未定の新作にて、本格的に商業公開される長編劇映画で初めてメガホンを取ることになる。

撮影は「ブエノスアイレス」「花様年華」などウォン・カーウァイ作品の撮影監督として知られるクリストファー・ドイル、衣装は黒澤明監督作「乱」で米アカデミー賞受賞経験もあるワダエミが担当。2000年代に入りチャン・イーモウの「HERO」など中国映画を多く手がけてきたワダにとって、日本人監督作品への参加は大島渚の「御法度」以来、およそ20年ぶりとなる。そしてアルメニア出身のジャズピアニスト、ティグラン・ハマシアンが初めて映画音楽を手がける。

オダギリは「国際的な感覚を持ちながら日本映画を大切に思ってくれるスタッフが集まってくれています。沢山の方々に助けて頂きながら鋭い光を放つ作品を作りたいと思っています」と意気込んだ。

本作は7月中旬から夏パート、2019年1月から冬パートを撮影予定。2019年にキノフィルムズ配給による劇場公開を目指して制作される。

オダギリジョー コメント

オダギリ ジョー、クリストファー ドイル、ワダエミ、ティグラン ハマシアン。
うちはカタカナしか取らねぇ! そんな組だと思われそうですが、やっぱりこれだけカタカナが並ぶと何だか笑っちゃいますね。

国際的な感覚を持ちながら日本映画を大切に思ってくれるスタッフが集まってくれています。沢山の方々に助けて頂きながら鋭い光を放つ作品を作りたいと思っています。

オダギリジョー

アプリで読む