Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

関ジャニ∞ 村上信五『FNS27時間テレビ』2年連続キャプテン抜擢 絶妙な立ち回りで見せるMC力

リアルサウンド

18/9/8(土) 10:00

 いよいよ9月8日18時30分から、『FNS27時間テレビ にほん人は何を食べてきたのか?』(フジテレビ系)がスタートする。今回のテーマは「にほんの食」。歴史を振り返りながら、食にまつわる様々な企画・コーナーが展開される。「FNS対抗!メシの祭典」や「飯テロ-1グランプリ」など見どころは多々ありそうだが、メイン通し企画の「にほん人食堂」は番組テーマを象徴するコーナーになりそうだ。

(関連:関ジャニ∞を愛さずにはいられない 新曲「ここに」とドームツアーから滲み出る“がむしゃらさ”

 そんな同番組、今年も昨年に引き続きビートたけしが総合司会を務める。そして、キャプテンという、いわゆるMCポジションも関ジャニ∞・村上信五が2年連続で務めることが決定している。『FNS27時間テレビ』といえば、これまで中居正広が一番多く総合司会やMCを務めてきていた。2016年までは、総合司会・MCを担当していない年でもコーナーに出演しており、「27時間テレビ=中居正広」というイメージがあったはずである。しかし、2017年より一新、村上が2年連続で出演。番組の中身も「にほんの歴史」に焦点を当てており、雰囲気が大きく変わった。

 気になるのは村上の司会力。昨年の司会ぶりを踏まえると、大御所・ビートたけしとの番組進行にもかかわらず、萎縮せずに心地よい塩梅で職務を全うしていたと感じる。例えば、若手芸人が村上のポジションを務めるとなると、恐縮してしまう様子が手に取るように分かる。しかし、芸能界の大先輩でありつつも、あくまでも活躍のフィールドが違う村上。ビートたけし相手でも臆することなく、堂々と渡り合っているシーンが多々見られた。例えば、『FNS27時間テレビ』内で放送された『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)でのこと。スタジオのトークシーンではタメ口でビートたけしにツッコんだり、遠慮なく水を掛け合ったり……今では見られないビートたけしの姿が見られ、思わず笑ってしまった人も多いのではないだろうか。

 この「いい塩梅」が演出できるのは、村上の司会力があってこそ。というのも、近年村上は司会・MCとして着実に力を付けている。村上が現在司会・MCを務めているのは『ありえへん∞世界』(テレビ東京系)、『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)、『村上マヨネーズのツッコませて頂きます!』(フジテレビ系)、『ペコジャニ∞!』(TBS系)、『関ジャニ∞のジャニ勉』(関西テレビ)、『関ジャム完全燃SHOW』(テレビ朝日系)の6番組。ジャニーズタレントの中でもトップクラスの多さだ。ジャニーズの名司会者といえば中居の名前が必ず挙がるが、村上の司会には中居の司会とはまた異なる良さがある。村上の場合、出演者をまとめ、番組を進行させながらも、時にプレイヤーとしても番組を盛り上げている。例えば、『ありえへん∞世界』では抜群のタイミングと視野の広さを活かして、そつなく番組を進行。一方で、『関ジャニ∞クロニクル』内の「英会話伝言ゲーム」では、いつもオチを担当してプレイヤーに徹している。英語を独自に解釈し、村上ワールドを炸裂させて笑いを取ることもお手の物だ。

 村上は、単なる「明るくおもしろいアイドル」ではなく「マルチな立ち回りができるまとめ役」に成長した。今年の『FNS27時間テレビ』では、ドキュメント企画「たけし村上農場」や創作落語を披露する「旅する落語」など、プレイヤーとしての村上が見られるコーナーも多い。彼の絶妙かつ小気味よい立ち回りにも注目してみてはどうだろうか。(高橋梓)

アプリで読む