Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

“天才ウクレレ少年”近藤利樹、初ワンマンで見せた圧倒的実力 名渡山遼とのコラボパフォーマンスも

リアルサウンド

19/3/25(月) 17:00

 ナニワの“天才ウクレレ少年”こと近藤利樹が、3月20日にShibuya duo MUSIC EXCHANGEにて初のワンマンライブ『近藤利樹First Tour 2019「小学校卒業記念ライブ」~Let’s! ウクレレーション!!~』を開催した。

(関連:“天才ウクレレ少年”近藤利樹の可能性 NHK みんなのうた「デッカイばあちゃん」から紐解く

 近藤は『ムジカ・ピッコリーノ』(NHK Eテレ)へのレギュラー出演や、「NHKみんなのうた』への楽曲起用などで知られており、最近では『ディズニー・ハワイアン コンサート2019』に出演、ミニアルバム『Let’s! ウクレレーション!!』 ではMONKEY MAJIKや俳優としても活躍する石丸幹二とコラボ。今回の初ワンマンは東京、大阪公演ともにチケットがソールドアウトし、ファン層を着実に増やしている。この日はファミリー層を中心に多くの観客が集まり、会場中が彼の晴れ舞台を心待ちにしている様子が伺えた。

 アロハシャツと白のパンツ姿で登場すると、パーカッションをサポートに迎えてMark Ronson ft. Bruno Mars「Uptown Funk」のカバーへ。初のワンマンのステージだが、自然に溢れ出したような笑顔でウクレレを演奏していく。「あいうえ大阪出身、かきくけ近藤利樹です」とお決まりの自己紹介の後に「最後まで一生懸命弾くので、楽しんでいってください!」と呼びかけると、ジェイク・シマブクロがプロデュースし斬新にアレンジされた「ソーラン節」を披露。先ほどの楽しげな雰囲気から一転し、激しい“早弾き”で客席を魅了した。

 さらに、東京公演のみのスペシャルゲストとして名渡山遼が登場。近藤がウクレレを始めたばかりの頃に出会ったという二人は、当時を振り返りながら、ステージでの共演が実現したことに感慨深げな様子を見せた。近藤はデビューのきっかけにもなったという名渡山にリスペクトを示しながら、彼の楽曲「Way to go」、世界的に知られ様々なアーティストにカバーされてきた「コーヒー・ルンバ」をセッション。ステージで展開される二人の世界に圧倒されながらも、時折楽しげに顔を見合わせる様子にほっこりしてしまう。セッションを終えた近藤は「一緒に演奏できて嬉しかった」「めっちゃすごくない?」と興奮した表情に。圧倒的なウクレレの実力とギャップのある、素直な表情も魅力的だ。

 さらに、「どうしてもやりたかった曲」として米津玄師「Lemon」をウクレレでカバー。パーカッションのサポートは入れず、自分で制作したというバックトラックと共に演奏。切なく震える、しかし芯の力強さを感じるウクレレの音色を聴かせてくれた。また、「Around The World feat. MONKEY MAJIK」ではまた異なる尖った、ロックを思わせる音をかき鳴らす。ウクレレ1本で様々な表情を見せ、決して飽きさせない。彼の底知れぬ音楽的素養に驚かされるばかりだった。

 MCでは『Let’s! ウクレレーション!!』のタイトルについて、「ウクレレを通してコミュニケーションをとる」と説明していたが、ライブを通じてまさにそれを実現していた。例えば、アンコールで披露したウクレレの定番曲「Crazy G」では、客席から「もっと早く」と呼びかけられ、パーカッションがついていけなくなるほどの早弾きを披露するというやりとりも。他にも客席の手拍子に合わせて演奏するなど、しっかりとコミュニケーションをとりながら見事にライブを作り上げていたように思う。

 この日のライブを本人も「めちゃくちゃ楽しかったーー」と振り返っていたように、全身で音楽を感じ、楽しんでいる様子が印象に残っている。18日に小学校の卒業式を終えたばかりだと話していた近藤。ウクレレを始めてから5年でたどり着いた初ワンマンのステージは、彼の卒業を祝うかのように終始温かい雰囲気に包まれていた。

 なお、明日3月26日には『スッキリ』(日本テレビ系)内コーナー「スッキリTOUCH」にて、本公演に密着した模様をオンエア予定だ。(村上夏菜)

アプリで読む