Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

飯田里穂、“リスタート”の作品に込めた決意「帰ってくる場所があるから失敗できる」

リアルサウンド

18/11/6(火) 16:00

 声優アーティストの飯田里穂がレーベル移籍後初となるシングル『いつか世界が変わるまで』をリリースした。

 9月にリリースした、移籍第1弾作品にして、パッケージとしては実に約2年ぶりとなったミニアルバム『Special days』では、Being系アーティストやTKサウンドが牽引した90年代のJ-POPサウンドに接近した彼女。サウンドクリエイターに佐高陵平、サウンドプロデューサーに冨田明宏を迎え、コンセプト作りやデモ曲の選定から関わった彼女にとって、新たなチームと一番最初に作ったのが、この新曲だという。

 自身がボイスキャストとしても出演するアニメ『寄宿学校のジュリエット』(MBS・TBSほか)のEDテーマとして書き下ろした楽曲であるが故に、これまで多くを語れなかったというリスタートへの思いを聞いた。(永堀アツオ)【最終ページに読者プレゼントあり】

「2年間、私の中では止まっていたも同然」

ーー移籍第1弾としてリリースされたミニアルバム『Special days』の制作はどういう風に始まったのか、というところからお伺いできますか。

飯田里穂(以下、飯田):移籍が決まったあと、レーベルさんから「佐高さんと冨田さんと一緒にやります」というお話をいただいて。コンセプトを決める会議の時に初めてお会いしました。

ーー飯田里穂というアーティストのコンセプト作りから始めたんですね。

飯田:しっかりとしたコンセプトを作らないと、応援してくれる人もわからなくなっちゃうので、飯田里穂がどんなアーティストなのかという軸をはっきりさせてから、デモ選定に入ろうっていうことになったんです。その会議で、私のパーソナルな質問もいっぱいされましたね。「好きな食べ物はなんですか?」とか(笑)。そういうところから話して、飯田里穂の人物像を知っていただいた上で「嘘のつけない、ナチュラルな人間」だということになったんです。私は小さい頃からずっと芸能界でやってきていて、人生のほとんどをみなさまに見守られてる。だから、そのままの私を好きになってもらったほうが、魅力が輝くんじゃないか、という見解になりまして。

ーー等身大がコンセプトと言っていいですか?

飯田:そうですね。ナチュラルで等身大。今までの嘘のない飯田里穂と、これから成長していく飯田里穂も見守っていってもらえるようにという、未来も見据えたコンセプトになってます。そして、楽曲的には、ソロでアーティストをやっている声優さんはたくさんいらっしゃるので、そんな中で、ちょっと違うのをということで、「90年代というコンセプトをしっかり立てるのはどうだろう」と提案されまして。

ーー「90年代のJ-POPで行こう」と言われた時はどう感じました? 飯田さんは91年生まれだから、そんなに馴染みはないですよね。

飯田:小さい頃にテレビから流れていたのをなんとなく聴いてたくらいだと思うんですけど、それでも身体の中には埋め込まれてるなと感じていて。

ーー詳しくは知らないとしても血肉になってる?

飯田:うん。それに、個人的にも90年代の楽曲が好きで、カラオケで歌ったりもするんですよ。昔の曲ってすごくストレートじゃないですか。そのストレートさと飯田里穂の人物像がマッチするのかなと感じましたし、表現しやすい世界だとも思いました。あと、私のことを小さい頃から知ってくださってる4〜50歳くらいの方にも響くし、最近知ってくれた若い世代のみなさんには、一周回って新しいと感じてもらえたらいいなという思いも含めて、デモを選定していきました。

ーーデモの選定にも関わってるんですよね。

飯田:50曲以上あるデモの中から6曲を選ばせてもらったんですけど、その作業自体が初めてで。「あ、ここまで楽曲制作に参加していいんだ」っていう嬉しさがありましたね。

ーーミニアルバムに収録された「Re:start」では作詞も手掛けています。タイトル通り、リスタートだという思いはあった?

飯田:かなりありましたね。やっぱり2年間、私の中では止まっていたも同然と思っていて。その間に悔しいこともいっぱいあったんです。止まっちゃいけないという思いで、ずっとお仕事をやらせていただいていたのに、一番やってはいけないことをしてしまった。すごく悔しい思いをしたので、ここからはリスタートだぞっていう強い気持ちがあって。だって、「新人です!」っていう真新しい感じではもうできないじゃないですか。中途採用の人間みたいな感じなので(笑)。

ーーあはははは。新卒の新入社員じゃないから。

飯田:それなりにちゃんとした実力を見せなきゃいけないな、というプレッシャーはすごくありましたね。

ーーでも、そんなに止まっていたイメージはないですよ。昨年の1月にはツアーもありましたし、声優業でも活躍していましたから。

飯田:アニメ作品で私のことを知ってくれる人ももちろんいたと思うんですけど、やっぱり飯田里穂を表現する場所が1個なかったのは大きくて。一本でつながってた太いパイプの中の水が、だんだんうまく流れなくなる感じがしたんですよね。悲しいというか、悔しい気持ちというか。

ーー表現する場所の一つとして、ソロシンガーとしての活動は絶対に必要だと思いますか。

飯田:必要だと思います。1回スタートさせて、楽しさを知ってしまってるじゃないですか。快楽というか、アドレナリンが出る感じというか(笑)。みんなとライブをして「楽しかった〜!」という感覚を知っちゃったのは大きいです。それに、私のライブの空間を楽しみにしてくれていたり、私が発する楽曲を糧に人生を生きていますっていう言葉を一度でも聞いてしまうと、それがないとさみしいし。私も何のために頑張ってるんだろうって思うこともあったので。うん、必要でしたね。

ーーでは、「Re:start」の歌詞にはどんな思いを込めました?

飯田:2年間、どうしてCDが出せなかったのかという理由や細かい事情なんてSNSで呟くものではないし、ファンの方にも言えないじゃないですか。NBCユニバーサルさんのイベントで「移籍しました!」と発表したので、何もないときにも応援してくれてたファンの方の混乱があった、という話も私の耳に入ってきていて、一番詳しいことを伝えなくちゃいけない、言わなくちゃいけないファンの方に言えなかったモヤモヤや悔しさがあったので、それを歌詞に込めつつ、私が歌詞を書いたりするアーティスト活動の場が皆さんのホームであったらいいなと思っていて。「ただいま」とか、「おかえり」と言える場所があるから、他のことをやっても失敗できる。帰ってくる場所があるから失敗できるんだっていう。

ーーどんな時でも変わらずに支えてくれたファンへの感謝ですよね。

飯田:そうですね。私は皆さんが応援してくれてるから、声優さんじゃないことにも挑戦したり、テレビに出させてもらったり、舞台をやったりできるんだというメッセージを伝えたいなと思って。あと、「Re:start」なんで、移籍がゴールではなくて、ここからまた新しい飯田里穂の世界を作っていく、未来があるんだよという思いも込めましたね。

ーーそんななか、2年ぶりのミニアルバムからたった2カ月という短いタームでニューシングルがリリースされます。

飯田:そうなんですよ、びっくりしますよね(笑)。いざリスタートをきると、こんなにテンポが早いんだ! という感じなんですけど、実はこの曲、『Special Days』の曲の何よりも一番最初に録ってるんですよ。

ーーそうなんですね! だから、90年代J-POPサウンド感が強いのか。

飯田:新しい飯田里穂が出来上がった一番最初の曲だったんですよ。「こういう感じでやっていきたいんだけど」って最初に聴かされたのがこれだったんです。デモを聴いた瞬間に、一発で「いい曲!」と思いましたし、「自分がライブをしてる姿が浮かびました」って率直に言ったところから、全てが始まったんです。

ーーじゃあ、リリースとレコーディングの順番が逆になったミニアルバムとシングルの2作が発売になって、ようやくリスタート、という気持ちがありますか?

飯田:すっごいあります! 90年代っていうコンセプトにしたのも、この曲があったからなので、やっとこの話できるんだっていう嬉しさがあって。ここでピースがカチッとはまってのスタートだったので。モヤモヤがまたひとつ解消されたし、この曲があってこそのリスタート、という感じです。

「『あ、いま見定められてる』というのをひしひしと感じた」

ーーしばらくはこの90年代のJ-POPサウンド路線で行くのでしょうか? アーティスト像を決めることはあるけど、サウンドのテイストを明確に決めてしまうというのは、なかなか勇気がいることだと思うので。

飯田:次、急にテクノになったらどうします?(笑)。でも、こっちが迷ってたらついてきてくれる方も迷わせてしまうと思うので、みんなが、「これぞ“りっぴーサウンド”だな」って感じるようになるまでは、この方向性で行きたいです。そういうことが今までできてなかったなと思うので、しっかりとやっていって、その後にいろんなことができたらいいなと。

ーーアニメ『寄宿学校のジュリエット』のEDテーマに起用されたことに関しては、どんな感想を持ってますか?

飯田:アニメのタイアップも久々で嬉しかったです。「ああ、エンディングが歌えるんだ!」という喜びしかなかったですね。

ーー佐高さんの書いた歌詞については、歌う上でどのように捉えましたか?

飯田:佐高さんが原作を読んで書いてくださったんですけど、どちらかというと、アニメに出てくるペルシアちゃん目線の歌詞で。芯があってまっすぐな女の子なんですけど、お嬢様なので柔らかい雰囲気も持ってる。「芯は強いけど、柔らかくて明るい感じも出して歌って欲しい」という打ち合わせのもとで歌いました。

ーーペルシアのロミオに対する気持ちですよね。

飯田:そうですね。今、アフレコ現場に入ってるんですけど、二人が本当に恋愛するのが難しそうなんですよ。障害物がいっぱいあって。そんな中でも、お互いに信念をしっかりと持って、信頼関係を築き上げようとしていく姿は本当に美しくて。二人の恋愛が本当にピュアなので、そういうピュアな気持ちや清らかさを大事にしながらまっすぐに歌いました。

ーーこの曲でリスタートしたということは、レコーディングも。

飯田:そう、移籍後初レコーディングがこれだったので、緊張してたのを覚えてますね。「あ、いま見定められてる」というのをひしひしと感じながら(笑)、飯田里穂のまっすぐさや等身大をコンセプトに置いた上でのまっすぐな歌だったので、難しいことは本当になくて。そのまっすぐさがみんなにも届いたらいいなと思ってますし、アニメのタイアップにもなっているので、私のことを知らなかった人も含め、多くの人に聞いてもらいたいです。

ーーアラフォー以上の人は懐かしさも感じると思います。シンセやエレキギターの効いたバンドサウンドになってるので。

飯田:私もWANDSさんが歌っていたアニメ『スラムダンク』のEDテーマ「世界が終るまでは…」を思い出しました。タイトルも似てますし(笑)。

ーーあはははは。「いつか世界が変わるまで」と確かに似てますね。

飯田:タイトルは歌詞にも入ってるフレーズで、アニメの1話からペルシアとロミオが言ってるセリフなんですよ。この言葉を持って、二人とも真の愛を貫いていく。「自由な恋愛ができない。こんな世界なんて変えてやるんだ」という思いで物語が始まっていくので。この曲のレコーディングを先にしてるんですけど、アフレコ現場で実際に二人のこのセリフを聞いたときは、一人で鳥肌が立ってました。アフレコで二人のそのワードを聞いてから、この言葉がより好きになった感じがあります。

ーー ミュージックビデオの方は一転して、全く異なる世界観になってます。

飯田:どうしてそうなったのかは私もわからないですけど(笑)、別物と考えてもらって。探偵をやってます、はい。あはははは。

ーー(笑)。聖子ちゃんカットで歌う、80年代アイドルのシーンもありました。

飯田:「可愛いりっぴーが見たい」っていう依頼が来た上で、実はこのアイドルはりっぴーでしたっていう物語になってて。あれも探偵の任務のひとつですね。探偵をやるのは初めてだったので、楽しかったですよ。しかも、ずぼらな抜けてる探偵の感じは、普段の私生活に近いなって思ってます。

ーー銭湯でお風呂掃除をするシーンもありました。

飯田:そうそう、MV撮影の日が、ミニアルバムの発売日の翌日だったんですよ。あの銭湯は長澤まさみさんがやってたアンダーアーマーのCMのロケ地でもあって。そのCMを見てたので、うわーってテンション上がってたんですよ。そしたら、さらににテンション上がってる方がいて。銭湯の息子さんがニコニコしながらこっちを見てて、発売されたばかりの『Special days』を持ってたんですよ。私のことを知ってくれてて、しかも、3人兄弟のうち、下の二人が好きでいてくれて。ありがとうって言いつつも、「君が今、一番最初に情報を見てるからね。絶対に言っちゃダメだよ」と口止めしたのが面白かったです。

「嘘はつけないけど、言えないこともある」

ーー(笑)。カップリングの「GLITTER」についても伺いたいのですが、取材時点ではまだ完成してないので、ヒントだけでもお願いします。

飯田:1曲目が柔からさの中にある芯の強さだとしたら、こっちは「強いでしょ、私!」という感情が前面に出てる歌ですね。どちらかというとTKサウンド的な、浜崎あゆみさんの「Boys & Girls」に近い楽曲かもしれません。歌詞はファンの方へのメッセージという意味合いが強いです。「仲間でしょ。私たちには絆があるでしょ?」ということをとにかく上から目線で言ってますね(笑)。しかも、地球から見る空じゃなくて、自分自身が宇宙にいて。銀河系で光ってる星たちがファンのみなさん、私はそこにいる太陽という壮大な目線だったりします。

ーー晴れ女で太陽が大好きな飯田さんにぴったりの楽曲と言えますが、太陽視点というのは斬新ですね。そして、2月には銀河系待望のツアーが控えてます。

飯田:また、みんなをあっと驚かせるタイミングはそこかなと思っているので、今、色々と考えています。でも、やっぱり、コンセプトやアーテイスト像のレールを一旦引いたので、ここからしっかりした基盤でやってるぞっていうことをみんなには見せていきたいかなと思っていますし、新しく来てくれた人も居心地がいいなと感じてもらえるような空間づくりはしていきたいです。あと、作詞ももっとやりたくて。私は普段、あまり後ろ向きなことも言わないし、SNSに書いたりもしないので、そういう思いを、アーティストの飯田里穂の作詞の中に投げていきたいなと思ってますね。

ーー等身大の中には明るいだけではない面もありますもんね。

飯田:はい。嘘はつけないけど、言えないこともある。その隙間を埋めてくれるのがアーティスト活動や作詞だったりすると思うので、そういうのを出せるタイミングもあったらいいなと。今、すでに私のことは全部知ってるよと思ってる人にも「まだまだ知らないことはあるよ!」と言いたいので、これからも追いかけて欲しいですね。

(取材・文=永堀アツオ)

■リリース情報
『いつか世界が変わるまで』
TVアニメ『寄宿学校のジュリエット』(TBS系)エンディングテーマ
発売:11月7日(水)
価格:初回限定盤(CD+DVD)¥1,800+税
通常盤(CDのみ)¥1,200+税
<DVD収録内容>初回限定盤のみ
「いつか世界が変わるまで」MV、MVメイキング、TV SPOT

■イベント情報
『みーぐりwith りっぴー』(MEET & GREET Rippi)
1部:開場14:30/開演15:00
2部:開場18:00/開演18:30

2月3日(日)
埼玉・HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
2月10日(日)
愛知・SPADE BOX
2月11日(月・祝)
大阪・Umeda Banana Hall
2月24日(日)
東京・神田明神ホール
各会場15:00開演の部、18:30開演の部それぞれ5名を招待

応募申込先
〒105-6208
東京都港区愛宕2-5-1 愛宕グリーンヒルズMORIタワー
NBCユニバーサル・エンターテイメント
飯田里穂 みーぐりwith りっぴー係
詳細は飯田里穂公式サイトにて

『いつか世界が変わるまで』リリースイベント
11月7日(水) 19:00開場/19:30開演 
会場:アニメイト池袋本店9Fイベントスペース
トークテーマ:「いつか」
内容:サイン会 ※当日は購入したCDを忘れずに持参のこと
参加券配布店舗:アニメイト池袋本店、新宿 

11月10日(土)12:00開場/13:00開演
会場:ソフマップAKIBA①号店 サブカル・モバイル館7F
トークテーマ:「世界」
内容:握手会
参加券配布店舗:ソフマップAKIBA1号店 サブカル・モバイル館 

11月10日(土)15:30開場/16:00開演
会場:アニメイト秋葉原 B1F イベントフロア
トークテーマ:「が」
内容:サイン会 ※当日は購入したCDを忘れずに持参のこと
参加券配布店舗:アニメイト秋葉原 

11月11日(日)18:30開場/19:00開演
会場:とらのあな秋葉原店C 4Fイベントフロア
トークテーマ:「変わる」
内容:サイン会 ※当日は購入したCDを忘れずに持参のこと 
参加券配布店舗:とらのあな秋葉原店B、大宮店、千葉店、池袋店A、新宿店A、横浜店

11月17日(土)11:30開場/12:00開演
会場:アニメイト横浜
トークテーマ:「まで」
内容:握手会
参加券配布店舗:アニメイト横浜、渋谷 

11月17日(土)15:30開場/16:00開演
会場:AKIHABARAゲーマーズ本店6F
トークテーマ:「無我夢中」
内容:サイン会 ※当日は購入したCDを忘れずに持参のこと
参加券配布店舗:AKIHABARAゲーマーズ本店、池袋店、新宿店、横浜店

11月18日(日)12:30開場/13:00開演
会場:animate O.N.SQUARE HALL(大阪)
内容:握手会 
トークテーマ:「走って」
参加券配布店舗:アニメイト大阪日本橋、天王寺 

11月18日(日)16:30開場/17:00開演
会場:第3太閤ビル(名古屋)
トークテーマ:「不器用」
内容:サイン会 ※当日は購入したCDを忘れずに持参のこと
参加券配布店舗:アニメイト名古屋店 

<対象商品>
『いつか世界が変わるまで』(初回限定盤)
※通常盤は対象外

<イベント参加方法>
上記対象商品を参加券配布店舗にて、予約(全額内金)または購入(予約含む)者に先着で参加券を配布
※参加券配布は10月10日より開始
※対象商品のご予約方法は参加券配布店舗により異なる(内金の有無、引換期間など)ため、それぞれ各店舗への確認のこと

<問い合わせ先>
各公演の参加券の配布状況については、参加券配布店舗まで

■アニメ情報
『寄宿学校のジュリエット』(TBS系)
日程:10月5日(金)より「アニメイズム」枠にて放送開始
MBS:10月5日より毎週金曜深夜1:55~
TBS:10月5日より毎週金曜深夜1:25~
BS-TBS:10月6日より毎週土曜深夜1:00~
AT-X:10月9日より毎週火曜21:00~(リピート放送:毎週木曜13:00~/毎週土曜29:00~/毎週日曜26:30~)
※都合により放送日時は変更になる場合あり
Amazon Prime Video にて、放送に先駆けて日本/海外独占配信も決定
※中国本土の配信は除く

公式HP
公式Twitter

■関連リンク
飯田里穂公式サイト

飯田里穂 サイン入りチェキプレゼント

飯田里穂のサイン入りチェキをプレゼント。応募要項は以下のとおり。

<応募方法>
リアルサウンドの公式Twitterをフォロー&本記事ツイートをRTしていただいた方の中から抽選でプレゼントいたします。当選者の方には、リアルサウンドTwitterアカウントよりDMをお送りさせていただきます。
※当選後、住所の送付が可能な方のみご応募ください。個人情報につきましては、プレゼントの発送以外には使用いたしません。
※当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。

<応募締切>
11月20日(火)まで

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play