Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左から日野晃博、宮野真守、梶裕貴。

「二ノ国」梶裕貴が山崎賢人との共演に喜び、宮野真守も「賢人を支えましょう!」

ナタリー

19/3/23(土) 19:43

劇場アニメ「二ノ国」のステージイベントが、本日3月23日より東京ビッグサイトで開催中の「AnimeJapan 2019」内で行われ、キャストの宮野真守と梶裕貴、製作総指揮の日野晃博が登壇した。

日野が原案と脚本も担当する本作は、現実世界・一ノ国と魔法世界・二ノ国を舞台とする物語。主人公のユウと親友のハルは、幼なじみのコトナを巡る事件に巻き込まれて二ノ国に迷い込んでしまう。山崎賢人がユウに声を当て、二ノ国にあるエスタバニア王国の参謀ヨキ役を宮野、パンダのような柄の妖精族ダンパ役を梶が務める。

約1000人のアニメファンに迎えられた3人は、制作中である本作についてトークを展開。日野は「(自身が代表を務める)レベルファイブとして初めてゲームとの関連は考えず、純粋にいい映画を作りたいという気持ちで取り組んでいます」と話す。「物語もレベルファイブのテイストとは違っていて、企画の段階で物議を醸した非常に攻めている内容。普通の三角関係ではなく、人の命を巡って命を取り合う物語です。ジブリテイストの絵、超豪華声優陣、謎がいっぱいのシナリオ、最後のどんでん返しに皆さん驚いていただけると思います」と自信をのぞかせた。

宮野は自身が演じるヨキについて「ただの優しい人ではなく、ひと癖もふた癖もあるキャラクターで、僕自身もどんな活躍をするか楽しみ」と期待を込めて語る。また梶が「山崎賢人くんとも『いつか共演したいね』と話していたのでよかったです。賢人からはアフレコに立ち会ってほしいと言われていたので支えます!」と宣言すると、宮野も「みんなで賢人を支えましょう!」と同調した。

イベントでは、一般公募によるLINE LIVE限定声優オーディションを勝ち抜いた、せりしゅんと水瀬遥が意気込みを語る一幕も。緊張気味の2人に、宮野は「せっかくの大舞台だから楽しんで収録してくださいね」とアドバイスを贈った。

百瀬義行が監督を務める「二ノ国」は2019年夏全国ロードショー。

※山崎賢人の崎は立つ崎が正式表記

(c)2019 映画「二ノ国」製作委員会

アプリで読む