Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

TAKAHIROが記憶を失くした元漁師 映画『僕に、会いたかった』5月公開

CINRA.NET

19/1/30(水) 7:00

映画『僕に、会いたかった』が5月10日から東京・TOHOシネマズ日比谷ほか全国で公開される。

同作は、島で一二を争う凄腕の漁師だったが事故をきっかけに記憶を失った主人公・池田徹が、島の人々の優しさに触れるうちに新しい自分を見つけ出す、というあらすじ。島根・隠岐島を舞台に、家族の絆と再生を描く。

12年前の事故で記憶を失くした元漁師・徹役を演じるのは、映画への単独主演は初となるTAKAHIRO(EXILE)。徹を支える母役を松坂慶子、徹に寄り添う医師役を小市慢太郎、「島留学」で島を訪れる学生役を山口まゆ、板垣瑞生(M!LK)が演じる。

監督を務めたのは、『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』『たたら侍』など隠岐の島を舞台にした作品を多く手掛ける錦織良成。さらに秋山真太郎(劇団EXILE)がプロデューサー兼共同脚本で参加している。

今回の発表とあわせて場面写真と特報映像が公開。特報映像では無精髭姿のTAKAHIRO演じる主人公・徹が涙を流す様子や、雨の中で叫ぶシーン、松坂慶子演じる母親が「あの子の未来を奪った」と話す場面などが確認できる。

TAKAHIROのコメント

初めての隠岐の島での撮影。豊かな自然に囲まれ、素敵なキャスト、スタッフの皆さんと共に、非常に思い出深い撮影期間を過ごせました。大変なシーンもありましたが、地元の皆さんの多大なご協力のもと、心温まる素晴らしい作品が出来上がったと思います。

アプリで読む