Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

稲垣吾郎

「半世界」稲垣吾郎が「地図を広げることに夢中」、香取慎吾&草なぎ剛にも鑑賞促す

ナタリー

18/10/30(火) 20:03

第31回東京国際映画祭コンペティション部門に出品された「半世界」の記者会見が、本日10月30日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、主演の稲垣吾郎、監督を務めた阪本順治が出席した。

阪本が自身のオリジナル脚本を映画化した本作は、人生の折り返しを迎えた39歳の炭焼き職人・紘を主人公とした作品。紘が旧友2人との再会をきっかけに、自身の仕事や家族と真剣に向き合っていくさまが描かれる。

「憧れの世界、夢のようですね」と映画祭への参加を喜ぶ稲垣。10月25日のオープニングの際に歩いたレッドカーペットについては「自分で言うのもなんですが、歩いてそうで今まで一度もなかった」と照れくさそうにコメントした。稲垣演じる紘は40歳を目前としながら、父から継いだ仕事をただやり過ごすだけの毎日を送る人物だ。MCから「情けないダメ親父がとてもハマってました」と振られると、稲垣は「ハマっちゃいましたか(笑)。そう言われると複雑な心境」とおどけてみせる。ここ数年での自身の環境の変化に触れながら「自分でも見たことのない自分がスクリーンに現れる。この作品に巡り会えたのは本当に幸せなこと。今から皆さんにお届けできるのがうれしい」と満面の笑みで語った。

さらに稲垣は「自分でも見たことのない自分」について言及。「チェーンソーを持って木を伐採していたり、頭にタオルを巻きながらみかんを食べていたり」と具体的なシーンを挙げつつ、「日本の原風景のような田舎で生活する、そういう稲垣吾郎を観たことがなかった」とほほえむ。役者として新しい一面を見せられたことに「決して1人の力ではないんです」と映画のスタッフ、キャストに感謝し、ロケ地である三重県の伊勢志摩のことも「その土地に誘われたというか、引き込まれましたね」と話した。

企画のきっかけとなったのは、日中戦争の従軍カメラマンとして中国に渡った小石清の写真集「半世界」の展覧会に阪本が訪れたことだった。阪本は「勇ましい日本軍とかではなくて、中国のおじいちゃんやおばあちゃん、鳥とか象とか、路地裏を撮ってるんです」とその内容に触れながら、「こうした名もなき人々の営みを見たとき、彼らが暮らしている場所も世界なんだと解釈しました。その思いに近付こうとしてこの企画を立てました」と明かす。

また阪本が稲垣を紘役に起用した理由を語る場面も。まず「ごまかさないし、自分を前に出そうとしない。淡々と寡黙に1つの仕事をしていた」と稲垣の印象をコメント。「山の中で土にまみれているイメージが浮かんだんです。本当に(笑)。稲垣くんのイメージを変えてやろう!という気はまったくなくて。ハマると思ったんです」と付け加えた。長谷川博己演じる旧友・瑛介と久々に再会するシーンの撮影が、役をつかむきっかけになったという稲垣。「何十テイクも重ねて。そこで生まれた細かいしぐさがあとあと役立っていきましたね。自分だったらちょっと優雅に演じてしまいそうなところを、男っぽく、ぶっきらぼうにしたり」と説明した。

本作で描かれる「男の絆」にちなみ、稲垣は「友情とは少し違うけれど、仕事は男のグループでずっとやってきました。形は変わったけれど今は新しい地図として、多くのファンの方とともにその地図を広げていくことに無我夢中です。絆は僕らにもある。香取(慎吾)くん、草なぎ(剛)くんにも、早く観てもらいたい」と語り、会見を締めくくった。

本日ワールドプレミアが開催された「半世界」は、2019年2月より東京・TOHOシネマズ 日比谷ほか全国で公開される。稲垣と長谷川のほか、池脇千鶴、渋川清彦、小野武彦、石橋蓮司がキャストに名を連ねた。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀が正式表記

(c)2018「半世界」FILM PARTNERS

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play