Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ヴィム・ヴェンダース最新作『世界の涯ての鼓動』8月公開 A・ヴィキャンデル×J・マカヴォイ共演

リアルサウンド

19/5/17(金) 7:00

 『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』のヴィム・ヴェンダース監督最新作『Submergence(原題)』が、『世界の涯ての鼓動』の邦題で8月2日より全国順次公開されることが決定。あわせてメインビジュアルも公開された。

参考:詳細はこちらから

 本作は、ロマンティックな美しさをたたえたノルマンディーの海岸、グリーンランドの広大な海、砂に包まれた峻厳な南ソマリアを舞台に描く、狂おしくも切ない極限下のラブサスペンス。

 ノルマンディーの海辺に佇むホテルで出会い、わずか5日間で情熱的な恋におちたダニーとジェームズは、別れの朝の引き裂かれるような痛みに、互いに生涯の相手だと気付く。だが、生物数学者のダニーには、グリーンランドの深海に潜り地球上の生命の起源を解明する調査が、MI-6の諜報員であるジェームズには、南ソマリアに潜入し爆弾テロを阻止する任務が待っていた。やがて恐れは現実となり、ダニーの潜水艇が海底で操縦停止に、ジェームズはジハード戦士に拘束されてしまう。果たして、この極限の死地を抜け出し、最愛の人を再びその胸に抱きしめることができるのか。

 生物数学者のダニーを『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデルが演じ、MI-6の諜報員ジェームズを『X-MEN』シリーズや『スプリット』のジェームズ・マカヴォイが演じる。

 あわせて公開されたメインビジュアルでは、深い海をみつめるヴィキャンデルと、太陽を仰ぎ見るマカヴォイが、背中合わせのように配置されており、波に飲まれながら抱擁をする2人の姿も確認できる。 (リアルサウンド編集部)

アプリで読む