Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「トイ・ストーリー4」で日本語吹替を担当するチョコレートプラネット(下)。

チョコレートプラネットが「トイ・ストーリー4」で吹替声優に、毒舌なぬいぐるみ役

ナタリー

19/6/5(水) 5:00

ディズニー / ピクサーによる長編アニメーション「トイ・ストーリー4」の日本語吹替版に、チョコレートプラネットが声優として参加することがわかった。

「トイ・ストーリー」シリーズ第4弾となる本作では、ウッディやバズたちの新たな冒険が描かれる。チョコレートプラネットの2人が担当する役は、新たに登場するキャラクター。ふわふわの毛並みがキュートなアヒルのぬいぐるみ・ダッキー役を松尾駿、鮮やかな青と緑の毛が特徴のウサギのぬいぐるみ・バニー役を長田庄平が務める。

ダッキーとバニーは移動遊園地の射的の景品で、いつか子供に持ち帰ってもらうことを夢見ている。かわいらしい見た目だが、ウッディやバズをあきれさせるほどしゃべり倒す、毒舌でユーモアたっぷりなキャラクターだ。オリジナル版ではコメディアンとしても知られるキーガン=マイケル・キーとジョーダン・ピールが演じた。世界各国のディズニー作品の吹替版を監修しているリック・デンプシーは「ダッキー&バニーはこの映画でもっとも面白いキャラクターなので、チョコレートプラネットのようなコメディアンが適役でした」と太鼓判を押している。

チョコレートプラネットのオーディション結果は、“再オーディションをする”と呼ばれたスタジオでサプライズ発表されることに。2人は状況が理解できず動揺しつつも「よっしゃー! 今までで決まった仕事の中で一番うれしい! 本当に“うれT”ですね!」と“TT兄弟”ネタで喜びの気持ちを爆発させた。大役を射止め、長田は「(ダッキー&バニーの)関係性が、すごく僕らに似ているので、やりやすかったし、親しみやすいキャラクターですよね」とコメント。本作で声優初挑戦となる松尾は「持ち主がいないキャラクターというのは新しいなと思いましたし、すごい親近感がある」と語った。

「インサイド・ヘッド」の脚本を手がけたジョシュ・クーリーが監督を務めた「トイ・ストーリー4」は、7月12日より全国ロードショー。

(c)2019 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

アプリで読む