Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『メン・イン・ブラック』最新作ポスター&最新予告 新人エージェントMは20年間MIBを夢見ていた

リアルサウンド

19/4/25(木) 16:47

 6月14日公開の映画『メン・イン・ブラック:インターナショナル』より、最新予告編と海外版ポスタービジュアルが公開された。

参考:映像はこちら

 本作は、スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮を務め、1997年から2012年までウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのタッグで3作品が製作・公開された人気SFアクションシリーズの最新作。本作でチームを組むのは『マイティ・ソー』のソー役で人気を博したエージェントH役のクリス・ヘムズワースと、新人エージェントM役のテッサ・トンプソン。2人の『マイティ・ソー バトルロイヤル』以来の再共演が話題となっている。

 また、MIBのロンドンオフィスのエージェント役としてリーアム・ニーソンが出演し、『日の名残り』『いつか晴れた日に』のエマ・トンプソンが『メン・イン・ブラック3』に続いてエージェントOを演じる。そのほか、『M:I』シリーズのレベッカ・ファーガソンが新キャラクターとして登場する。監督を務めるのは、『ワイルド・スピード ICE BREAK』のF・ゲイリー・グレイ。脚本は『アイアンマン』『トランスフォーマー/最後の騎士王』のマット・ホロウェイ&アート・マーカムが共同執筆する。

 公開となった最新海外版ポスターは、ブラックスーツ&サングラスのクールでスタイリッシュなエージェントのM、H、ハイT、Oが勢揃いし、さらにおなじみバグ犬ほか多彩な魅力を放つエイリアンや、凱旋門とエッフェル塔が写し出されている。

 予告編では、新人女性エージェントMが、20年前にエイリアンと遭遇するもMIBのニューラライザーによる記憶消去を偶然にも逃れ、その日からMIBに憧れ続けていたことが明らかに。ついに自らの力でスカウトを勝ち取り、上司エージェントOに対しても「“メン(男)”・イン・ブラック?」と大物ぶりを見せつける。初ミッションで、イケメンだけどチャラ男風の先輩エージェントHとコンビを組み、MIBロンドンオフィスの大物エージェント・ハイT(リーアム・ニーソン)、シリーズおなじみのパグ犬らと共にMIB内部に潜入したスパイを探し出すことなる。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む