Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

左からとろサーモン村田、山谷花純、黒羽麻璃央、NON STYLE井上、森川葵、NON STYLE石田、豊島圭介監督。

井上の囁き超嫌い、ノンスタ石田が脚本映画に込めた思いは「俺の耳腐ってる」

ナタリー

19/6/14(金) 21:21

本日6月14日、NON STYLE石田が脚本を手がけ、相方・井上が主演を務めた映画「耳を腐らせるほどの愛」が公開された。東京・シネ・リーブル池袋では初日舞台挨拶が実施され、ノンスタの2人ととろサーモン村田らキャスト、豊島圭介監督が登壇。鑑賞前の観客に向けてトークを展開した。

映画初主演を果たした井上だが、今作では死体役を演じている。「石田に『黙って寝ていればお金が入る』と言われたので台本も読まなかったんですが、現場に行ったらしゃべるところがあった」と述べると、当の石田は「いや、だって変なキャラ作って現場に入られたら困るじゃないですか(笑)」と作戦が功を奏したと満足げ。真意を聞いた井上は納得しながら「みなさんは一流の役者さんでしっかり演技されていますけど、僕だけコントをやっている感じ。そのアンバランスを楽しんでいただけたら」と観客に呼びかけた。

森川葵、黒羽麻璃央、山谷花純、信江勇が演じる“たとえ話サークル”のメンバーや八嶋智人扮する刑事など、個性豊かなキャストが活躍する本作。石田は脚本を書く際の心がけについて「“おいしくない”人がいないよう、全員に見どころを作るようにしている」と話し、各キャストにスポットが当たる作品にできたと手応えを語る。また、タイトルについては「『湯を沸かすほどの熱い愛』のパクリです!」と潔く断言。「僕、井上の囁く声が超嫌いなんです。漫才中でも、女性に囁く場面があるとわざわざマイクに寄ってしゃべるんですが、そのたびに『耳が腐るな』と思っていた。それを伝えられたらなと」と説明を続け、「わかりやすく言うと、『井上のせいで俺の耳は腐ってるよ』っていうことです」と裏テーマを明かして笑いを誘った。

感情の起伏が激しい謎の男を演じているという村田が「どういうつもりで俺にこの役を?」と石田に質問する場面も。すると石田は「酒飲んでるときの村田さんを意識して書きました。(大きく腕を上下させながら)情緒がこうなる」と昔からの付き合いだからこそ知る一面を紹介。自身も似たタイプだとしたうえで「いつも2人でえらいことになります」と飲みの席での様子を明かした。

「本格ミステリーコメディ」を謳う「耳を腐らせるほどの愛」は、無人島のリゾートホテルで起こった事件を巡って繰り広げられる物語。石田は「(鑑賞後の)帰り道、空き缶が転がっていたら絶対に蹴ると思う(笑)。そのくらい『なんやってん!』て思うような、気の抜けた作品」と話しつつ、「(井上の)濡れ場があります」とアピールする。井上も「AVを超えたかもしれない」と煽ってみせたが、「俺の濡れ場、ずっと監督は笑ってましたけど(笑)」と補足して期待させた。

(c)「耳を腐らせるほどの愛」製作委員会

アプリで読む