Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

中村倫也が蒼井優の彼氏役に 中野量太監督最新作『長いお別れ』予告編公開

リアルサウンド

19/2/27(水) 7:00

 『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督最新作『長いお別れ』の公開日が5月31日に決定。あわせて追加キャスト、主題歌情報、予告編が公開された。

参考:映像はこちら

 直木賞受賞作家である中島京子の同名小説を映画化する本作は、70歳になった父の認知症の発症と家族が向き合う人間ドラマ。東家の次女・芙美役で蒼井優、長女・麻里役で竹内結子、母・曜子役で松原智恵子、父・昇平役で山崎努、麻里の息子・崇役で蒲田優惟人が出演する。

 今回追加キャストとして、芙美の彼氏・道彦役に中村倫也、麻里の夫・新役に北村有起哉、成長した崇役にオーディションで抜擢された杉田雷麟、さらに、松澤匠、清水くるみ、倉野章子、不破万作、おかやまはじめ、池谷のぶえ、藤原季節、小市慢太郎の出演が決定した。

『長いお別れ』予告編
 完成した予告編では、冒頭から「あんた誰だ?」「麻里だけど」と娘の顔を忘れてしまったり、亡くなった同級生の葬式に参列しながら「ナニ、中村死んじゃったのか!」と叫んで周りを呆然とさせたりと、元・中学校校長で厳格な父が、7年に渡りゆっくりと記憶を失っていく様子が描かれている。一方で次女・芙美も夢と恋愛に思い悩んでいたり、長女・麻里も慣れない海外生活に戸惑っていたりと、それぞれの人生も岐路に立たされていることが伺える。そして父の「この頃ね、いろんなことが遠いんだよ」という言葉をきっかけに、家族それぞれが認知症になった父と向き合うことで、自分自身の人生とも向き合っていく場面が映し出される。また、中盤からも流れている主題歌には、神秘的な歌声が“魔法”とも称されるシンガーソングライターの優河が抜擢。本作のために主題歌「めぐる」を書き下ろした。

※山崎努の「崎」は「たつさき」が正式表記

(リアルサウンド編集部)

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える