Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「えいがのおそ松さん」舞台挨拶の様子。左から櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由。

「えいがのおそ松さん」入野自由が中村悠一のためにのど潰す「今日終わったなと」

ナタリー

19/3/31(日) 19:19

長編アニメーション「えいがのおそ松さん」の舞台挨拶が本日3月31日に東京・丸の内ピカデリーにて行われ、キャストの櫻井孝宏、中村悠一、神谷浩史、福山潤、小野大輔、入野自由が登壇した。

アニメ「おそ松さん」の劇場版となる本作は、不思議な世界に迷い込んだ6つ子が、18歳の自分たちに会いに行こうとするところから始まる物語。すでに本作を何度か鑑賞したというおそ松役の櫻井は「なんかすごい深い作品なのかも、すごいメッセージが隠されているのかもって思い始めました。そんな状態です。あまりいいコンディションではないかもしれません!」と冗談を交えて語り、キャストと観客を爆笑させる。カラ松を演じた中村は「僕は1回しか観てないので、まだその境地じゃないですけど、櫻井さんがそう言うと不安になってきました」と述べ「2回、3回と観ると味わいが変わってくる。そんな作品だと思いました。最後のシーンは台本読んだときにはどうなるんだろうと思ったけど、皆さんそれぞれの感じ方があると思います。ありがとうございまーす」とそっけなく言ってみせ、ほかのキャストから「この人、何も答えてない!(笑)」とツッコまれていた。

「本作で気になるキャラは?」という質問には、一松役の福山が口火を切って「僕、石油王が本当に好きで。どうしても劇場版に出てほしかった。1シーンだけしか出てこないんですけど、あの一点集中がいいんですよ」と魅力を語り、櫻井たちに「ニッチ過ぎる」「すき間過ぎる」と次々と指摘される。続けて福山は、チョロ松役の神谷について「本人はそんなにいじられないのにアニメの中ですごくいじられるんですよね」と述懐。当の神谷は「そう……かなあ?」と疑問符を浮かべながらも、「気持ち悪いですよね。チョロはずっとキモいですけど、突き抜けた結果面白くなってきた。ありがたかったです、こんなにいじっていただいて」と述べる。

さらに神谷は、キャストやマスコミが、試写会が始まる前からチョロ松に期待を寄せていたことを明かし「試写会の前半から『チョロ松がヤバい』ってみんなが言うもんだから、みんなチョロ松に期待して観に行くんです。どんどんハードルが上がっちゃって、ついにチョロ松でみんな笑わなくなっちゃって、本当にやめてほしいと思った(笑)。1人ずつ頭を殴ってチョロ松に対する記憶を消したいですね」と話して観客を笑わせた。

トド松役の入野は収録でのどを痛めたことを告白し「開始5分とか10分ぐらいだったんですけど、今日終わったなと思いました。線画でも迫力がすごかったから、声で負けられないと思って。中村さん、いつもトド松が“あの顔”をするとき期待を寄せてくれるんですよ。だから中村さんのためにやったようなものです」と話し、中村は「ごめんねー、なんか俺のためにのど壊させちゃって!」と“謝罪”した。十四松役の小野がラストシーンに言及し「すごくいいシーン。演出と映像も含めてお金かけてるなーと思って感動しました」と話すと、キャストたちは「最終的には金の話」と笑いだす。入野が「小野さんのエアバイクよかった」と思い起こすと、小野はその場でエアバイクのエンジン音を披露。神谷は「なんでエアなのに煙出るの?」と疑問を投げかけていた。

最後に神谷は「冒頭で櫻井孝宏も言ってましたが、非常に深い物語になっています。2回、3回と観ると物語の真相にたどり着くので、その瞬間が訪れるまで何度でも劇場に足を運んでください! すごく楽しいです!」と、入野や中村から「嘘の顔してる」とツッコまれながら真面目な顔で言い切る。櫻井は「藤田(陽一)監督や脚本の松原さんが、この作品で何を描きたかったのかというのも考えてみると、違うふうに見えてくる映画だと思います。キャラがわーってしゃべってるこの場面に一体どういうメッセージがあるのかまで考え出すと、もう沼にはまっちゃってますから。そうやって掘り下げて楽しむのも1つの見方じゃないかと思います」と語り、イベントを締めくくった。

「えいがのおそ松さん」は全国で公開中。

(c) 赤塚不二夫/えいがのおそ松さん製作委員会 2019

アプリで読む