Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

石田尚志『絵と窓の間』2018年 ©Takashi Ishida / Courtesy of Taka Ishii Gallery

石田尚志展『絵と窓の間』 16mmフィルムとタブロー、ビデオによる新作発表

CINRA.NET

18/10/14(日) 12:00

石田尚志の個展『絵と窓の間』が10月20日から東京・六本木のタカ・イシイギャラリー東京で開催される。

1972年東京生まれの石田尚志は、線を1コマずつ描いて撮影する「ドローイングアニメーション」という手法を用いて、空間の質を変容させるインスタレーションを制作しているアーティスト。近年では、『シャルジャ・ビエンナーレ13「Tamawuj」』『あいちトリエンナーレ』『KENPOKUART 茨城県北芸術祭』などで作品を発表している。

同展では、作家としての出発点であった16mmフィルム、そしてタブローとビデオによる最新作を通じ、複合的な視点によるイメージの探究を行なう。これまでも時間の不可逆性や反復を表現してきたが、今回はさらにフィルムとデジタルによるフリッカーやオーバーラップの光に挑んでいる。作品テーマである「部屋」という環境と「窓」という要素は、石田のメインモチーフである「矩形」が実体化したもので、作品に共通する密室論的空間表象にはエドガー・アラン・ポーの作品や、アンドレイ・タルコフスキーの映画『ストーカー』などから影響を受けているという。

会期初日の10月20日にはオープニングレセプションが開催される。詳細はギャラリーのオフィシャルサイトをチェックしよう。

アプリで読む