Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「高崎グラフィティ。」初日舞台挨拶の様子。

「高崎グラフィティ。」監督&キャストが高崎集結!佐藤玲は「楽しく駆け抜けた」

ナタリー

18/8/19(日) 14:38

「高崎グラフィティ。」の初日舞台挨拶が8月18日に群馬・シネマテークたかさきで行われ、キャストの佐藤玲、萩原利久、岡野真也、中島広稀、三河悠冴、監督の川島直人が出席した。

本作は群馬・高崎を舞台に、高校を卒業し新生活を控える5人の男女を描いた青春群像劇。第1回「未完成映画予告編大賞」でグランプリを受賞した予告をもとに長編化された。企画のきっかけは佐藤が卒業間際、同じ大学に通っていた川島に「一緒に何か作ろう」とメッセージを送ったことだったという。佐藤は「最初は映画を撮るのかどうかも何も決めてなかったんです。1年半くらいかけて未完成映画予告編大賞を見つけてきて。もう4年くらい経つんですね……。最初があまりにグダグダだったので(笑)。映画を撮ると決まってからはあっという間で、楽しく駆け抜けました」と笑顔で振り返る。

千葉県出身の川島は、撮影監督である武井俊幸の勧めで物語の舞台を高崎に決めた。「僕自身、東京から近い場所にいて、あまり東京に対し夢も何も持ってなかったんですが、大学に入ったら、意外と地方から来た人たちが、東京に夢を持ってて、この差が面白いと思って、関東圏内の高校生たちの話がやりたいと思いました」と説明。「高崎にロケハンに来たらすごくマッチしていてここで撮りたいと思いました」と述懐した。岡野も「ひさしぶりに高崎に戻ってきて『ただいま』という気持ちでここにいます。実は撮影中にこのシネマテークたかさきの周辺に滞在していたので、今は『私(撮影期間に)通った映画館にいる!』という感覚です」と高崎愛を熱く語る。

萩原、中島、三河の男子メンバーは、撮影について自分たちで話し合いを重ねていたそう。萩原が「秘密の特訓をしてました(笑)」と話すと、中島は「当日になって急にセリフが変わったりもして……」と苦笑い。撮影が進み俳優陣がキャラクターを自分のものにしていく中で、その人物に合ったセリフを書き足していた川島は「毎朝、(セリフ変更の)紙切れを僕が持って行くのを、みんな怖がってたんじゃないでしょうか」と笑顔で語っていた。最後に川島が「私生活を含めてみんなで仲良くして、青春を作り上げてスクリーンに焼き付けています。100%高崎ロケで、高崎の空気感をギュッと詰め込みました。みなさん、1日1回は『高崎グラフィティ。』を観ていただければ!(笑)」と述べ、イベントは幕を閉じた。

「高崎グラフィティ。」はシネマテークたかさき、イオンシネマ高崎にて先行公開中。8月25日より東京・UPLINKほか全国で順次公開される。

(c)2018 オフィスクレッシェンド