Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

May J.が語る、平成の歌を新たな時代に繋ぐこと「歌い継いでもらえる曲を生み出したい」

リアルサウンド

19/4/17(水) 12:00

 これまでにも様々なコンセプトを設けたカバーアルバムをリリースしてきたMay J.が、新作『平成ラブソングカバーズ supported by DAM』をリリースした。

May J. / 【全曲試聴】「平成ラブソングカバーズ supported by DAM」 2019.4.17発売

 カラオケメーカーであるDAMが監修した本作には、平成にリリースされ、カラオケランキングで上位を占める人気のラブソングの数々を収録。「ハナミズキ」(一青窈)、「また君に恋してる」(ビリー・バンバン)、「M」(プリンセス プリンセス)、「雪の華」(中島美嘉)、「Story」(AI)、「366日」(HY)、「糸」(中島みゆき)など、時を経ても色あせることなく、幅広い世代に愛され続けている名曲たちにMay J.ならではのふくよかな歌声が新たな息吹を注ぎ込んでいる。これはまさに新元号「令和」が発表された今、平成という時代を振り返るに最適な1枚。そんな本作について、時代の橋渡し役として様々なチャレンジを詰め込んで各曲に向き合ったというMay J.にじっくりと話を聞いた。(もりひでゆき)

「昭和と平成の違いを感じた」

――May J.さんはこれまでカバーアルバムを4作リリースされていますが、今回の『平成ラブソングカバーズ supported by DAM』は少し趣が異なる印象ですね。

May J.:そうですね。DAMさんに監修していただいた企画盤といった感じです。平成の31年間でDAMさんのカラオケランキングの上位に入ったラブソングが選曲されています。

――収録曲のラインナップを見て何か感じることはありましたか?

May J.:個人的には昭和と平成の違いを感じたところがありましたね。昭和のカラオケと言うと、スナックであったりとか大勢の前で歌うイメージが私の中にはあって。でも平成になるとカラオケボックスやカラオケルームのようなものが登場して、親しい人と歌う機会が増えたと思うんです。だから昭和と比べて平成の曲は、個人的な思いを歌ったものであったり、親しい仲間と一緒に歌って楽しい曲なんかが増えていったんじゃないかなって。今回の曲たちを眺めてみて、なんとなくそんなことを感じたりはしましたね。

――平成を生きてきた人たちにとってなじみ深い曲ばかりですよね。

May J.:はい。私自身、実際カラオケで歌っていた曲がいくつもありましたしね。でも、最近の若い子たちはけっこう知らない曲もあるみたいなんですよ。平成生まれの子たちは、平成初期の曲をリアルタイムでは聴いていなかったりするので。「この曲は知らなかったです」って声をファンの方にいただくこともけっこうあります。

――確かにそうかもしれないですね。言ったらMay J.さんだってほぼ平成生まれみたいなものですよね?

May J.:そうそう。私は昭和63年生まれなので、今年31歳。まさに平成と共に歩んできた感じなんですよね(笑)。私の場合はもちろん、すべての曲を聴いたことがありましたけど、でも例えば平成元年にリリースされた「M」(プリンセス プリンセス)なんかは原曲よりも別の人がカバーしたものをよく耳にしていたところもあったりして。そういう意味では平成の31年って短いようですごく長い時間だったんだなって思ったし、自分の歩んできた時代を、音楽を通して振り返ることのできる楽しさもありましたね。

――本作を聴いてまず感じたのはアレンジの妙。ガラッと雰囲気を変えたものもあれば、シンプルなサウンドで原曲の良さを届けるものもありますよね。

May J.:今回は、過去の私のアルバムでカバーさせていただいた音源に加え、新録したものが8曲ほど入っていて。その新録した曲に関しては基本オケと歌を同時録音したし、サウンド的にも挑戦したものが多いような気がしますね。「キセキ」(GReeeeN)や「Lovers Again」(EXILE)なんかは特にトライという感覚が強かったかな。

――「キセキ」はジャジーな雰囲気ですよね。

May J.:はい、ビッグバンド風にしてみました。サウンドのかっこよさで気分がものすごく上がったので、歌うのもほんとに楽しかったです。

――笑顔が見える楽しげな声色が出ていますよね。

May J.:出ちゃってますね(笑)。「キセキ」は元々、複数の人で歌う曲なんですけど、今回は途中にブレイクを作ったりして1人でも歌えるようになってるんですよ。ラップパートもメロラップっぽいアレンジをさせていただいたので、ラッパーじゃなくても歌えると思います(笑)。

――今後1人カラオケの際にはこのバージョンで歌うと楽しめそうですね。「Lovers Again」は原曲よりも削ぎ落したピアノメインのアレンジになっています。

May J.:原曲は2000年代初頭に流行っていたR&Bでしたけど、それを今のR&Bにしたらこうなったっていう感じですかね。ほんとにサウンドを削ぎ落したので歌うのはけっこう大変で。フリーキーに聴こえるピアノの上で、きっちりメロディを歌っていく難しさがありましたね。これも同録で3テイクくらい歌ったんですけど、その中で一番ピアノと寄り添えたテイクを採用しています。

――昨年リリースされた『Cinema Song Covers』ではオケと歌の同時録音を積極的に取り入れていました。今回も同様のスタイルを採用したのは、そこで手ごたえや楽しさを感じたからなんでしょうか。

May J.:それもありました。あとは、同じ日にミュージシャンが一堂に会すること自体なかなかないことなので、それが実現するのであれば自分もそこに加わって一緒に歌いたくなっちゃうんですよね。ものすごく贅沢な録り方ですから。

――同録ゆえに生まれる歌の表現は本作にもたっぷり注ぎ込まれた感じですよね。

May J.:そうですね。「キセキ」はほんとにそういう部分が影響していると思いますし、「Lovers Again」でピアノとしっかり寄り添えたのも同録のおかげだと思いますね。あと印象的だったのは「雪の華」(中島美嘉)かな。これは弦楽器とピアノと私っていうすごくシンプルな編成だったので、一切ごまかしが効かないっていう緊張感があって(笑)。だからこそ全員がピシッと決まったときの雰囲気は感動的だったし、その瞬間にしか生まれない空気感はしっかり盤にも刻まれていると思います。私自身、曲を聴き返すとレコーディングのときの感情が一気に蘇ってきますからね。

――アレンジ面で言うと、「PRIDE」(今井美樹)もおもしろかったです。

May J.:これはボサノバ調にアレンジしてみました。ここまでボサノバな曲を歌うのは初めてだったので、歌い方はけっこういろいろ考えましたね。ボサノバっていうとふわっとした歌い方のイメージが強いんですけど、私がそれをやるとMay J.としてのカラーがどこかに行ってしまうと思ったんですよ。なので、あえてリズムにキッチリと当てて、声を張って歌うことで曲としてのメリハリを感じてもらえるような仕上がりを目指して。サウンドに身をゆだねるとほわ~んと歌いたくなってしまうので(笑)、「そうじゃないぞ!」って言い聞かせながらレコーディングしましたね。

「この曲を歌えるのはデーモンさんしかいない」

――本作における唯一のデュエット曲「愛が生まれた日」(藤谷美和子・大内義昭)ではなんと! デーモン閣下と共演されています。この人選は?

May J.:実は2012年のデーモンさんのアルバム(「REBIRTH-DAY SONG」)に1曲参加させていただいたことがあったんですよ。そこからのご縁なんですけど、先日『うたコン』(NHK総合)で久々にお会いできて。そのときにデーモンさんがQueenメドレーを歌われているのを見て、「やっぱりデーモンさんはすげぇ!」って思ったんです(笑)。で、今回「愛が生まれた日」をデュエットでカバーすることになったとき、パッと思い浮かんだんですよね。男性キーがものすごく高くて難しいこの曲を歌えるのはデーモンさんしかいないなって。

――レコーディングはいかがでしたか?

May J.:レコーディングにも悪魔の姿でいらっしゃって……。

――いやまぁ、あれがデーモン閣下の素顔ですからね。

May J.:そうですよね。素顔ですね(笑)。デーモンさんが歌う際には私がトークバックで「じゃ次、お願いします!」みたいな感じで声をかけさせていただきました。自分も歌い手だからよくわかるんですけど、レコーディングブースに1人で入っているとすごく孤独なんですよ。今のテイクが良かったのかどうかの判断を自分でするのも大変だし。デーモンさんはご自身で全部できてしまうとは思うんですが、「良かったです!」っていう最後の一押しを担当させてもらいました。デーモンさんはしっかり曲と向き合って、きっちり歌われる方なので、その姿を見て感動しちゃいましたね。素晴らしい方だなぁって。キーが低い部分に関しては、「普段はこんな低い声出さないんだよ。吾輩だってわからないかもしれないな」っておっしゃってました。

――May J.さんの声との相性もバッチリですし、素敵なデュエットソングになっていると思います。

May J.:デーモンさんにしかできない節回しや色の付け方が随所に感じられるし、それによって引き出された自分の表現もあると思うので、ぜひ楽しんでいただけたらなと思いますね。カラオケにデュエットは欠かせないですからね。それをアルバムにしっかり入れることができたのが嬉しいです。

――そして本作のリードトラックとなっているのが、「また君に恋してる」と「M」の2曲ですね。

May J.:「また君に恋してる」は坂本冬美さんの歌われていたバージョンがすごく好きで、こっそり聴いて、カラオケでもこっそり歌ってたんですよ。

――なんでこっそりなんですか(笑)。

May J.:いや、この曲がリリースされた当時(2009年)はガッツリR&Bを歌ってた時期で、全然ジャンルが違ったので。だから、こっそり。この曲って成熟した夫婦の歌だと私は解釈しているんですけど、当時は「これは私の歌だ! これは私の気持ちだ!」って勝手に思ってましたね、こっそりと(笑)。

May J. / M (Music Video)

――(笑)。そこから時間が経って、公にカバーすることになったわけですが。

May J.:公にね(笑)。時間が経ったことで自分の親がこの曲の主人公に近い年齢になっていると感じたので、今回のレコーディングでは家族のことを思いながら歌ったところがありましたね。カラオケでも歌っていた分、メロディがカラダの中に入っていたから歌いやすさはあったんですけど、自分なりのカラーを出すという部分ではけっこう大変だったかもしれないです。ストレートに、ポップスとして歌うように心がけました。

――では、「M」はどう歌いましたか?

May J.:低いところから高いところまでメロディがすごく動きますし、この曲はほんとに難しかったです。どう自分の色を出したらいいのか本当に悩みに悩んで、私が一番得意とするバラードでの歌い方で臨んだんです。感情をたっぷり込めて、しっとり歌い上げる感じというか。なるべくなめらかに歌いましたね。

――この曲では、原曲でサウンドプロデュースを手がけられていた笹路正徳さんがアレンジを担当されているんですよね。

May J.:そうなんですよ! 原曲のプロデューサーがカバー曲のアレンジを手がけてくださることってあまりないことだと思うので、すごく嬉しかったですね。「M」はイントロのフレーズがすごく印象的ですけど、それを今回はガラッと変えてくださって。そういうことができてしまうのは当時の楽曲にもかかわられていた笹路さんならではだなって思いました。新たにアレンジされたことで改めて感じましたけど、この曲はまったく昔の曲に聴こえないんですよね。それは今回収録されたすべての曲に言えることではあるけど、普遍的な魅力を持つ楽曲は本当にいつまで経っても色あせないんだなってあらためて感じましたね。

「結局は普遍的なものを作っていくことが大事」

May J. / また君に恋してる (Music Video)

――「また君に恋してる」と「M」はMVも作られたんですよね。どちらもレコーディング風景のみで構成されたものです。

May J.:これ実は、オケも歌も映像も全部が同時に収録されているんですよ。

――え、そうなんですか! それはすごいですね。

May J.:音源を録った後、リップシンクでもう一度撮影するっていうのはなんか違うなって思ったんですよ。だから私が提案させてもらいました。正直、映像も同時収録となるとちょっとビビるところはあったんですけど(笑)、険しいくらいの顔をした本気で歌っている姿を映像にしたほうが絶対に伝わるだろうなと思って。

――確かに普段はなかなか見れないMay J.さんの表情が堪能できますよね。

May J.:自分でも「あ、私ってレコーディングではこんな顔して歌ってるんだな」って感じましたから。ぜひご覧ください(笑)。

――冒頭で昭和と平成の楽曲の違いみたいな部分に言及されていましたが、そのあたりをもう少し伺えればなと。平成の名曲たちをカバーしてみたことで、例えばメロディの雰囲気だとか、何か特徴を感じたりはしませんでしたか?

May J.:メロディに関しては、平成の中でも変化があるような気がしました。平成初期の頃の曲はまだ昭和の香りがちょっと残っていたりもするんですよ。どこか歌謡曲っぽいというか。そういったメロディはギリギリ昭和生まれの私としてもすごく落ち着くものだなって思いました。で、時間が経てば経つほど昭和の香りは薄れていって、平成ならではのものになっていくというか。

――複雑なメロディが増えていった印象もありますよね。

May J.:そうそう。歌いまわしの難しい曲が増えていったような気がしますよね。それはもしかしたら洋楽の影響を受けているアーティストさんが増えたことが理由かもしれないですけど。ただ、昔の曲は昔の曲で難しさもあるんですよ。「愛が生まれた日」のサビ前、〈世界で一番素敵な夜を〉のところは半音ずつ上がっていくんですけど、そこは他の平成の曲にはない難しさ……昭和の難しさっていうのかな(笑)。私はあまり出会ったことのないメロディの動き方だったから、レコーディングはかなり苦労しましたね。ピアノで1音1音確認しながら歌いましたから。でもカラオケではみなさん、それを当たり前のように歌ってらっしゃるわけで。単純に「すげぇな」って思いました(笑)。

――では音楽だけに限らず、平成という時代に関してはどんなことを感じますか?

May J.:なんだろう? 私はほぼ平成という時代しか知らないわけなので、昭和と比べてどうこうって考えたこともないですからね。ただ、平成という時代を第一線で活躍されてきた方々が引退されたり活動休止されたりするのを見ると、時代はこうやって変わっていくんだなって思ったりはします。同じ平成生まれであっても、5年くらい違えば考え方や好きなものも全然変わってきますしね。最近の中高生を見ていると、私がその年齢だったころとはまったく違った感性を持っているように思いますから。つまり……自分も年を取ったんだなって今すごく感じています(笑)。

――でもアーティストとしては、そういった下の世代にも響き得る曲を作っていかなきゃいけないわけですよね。

May J.:そうなんですよね。そこをこれからどうしようかなって常々考えてはいますけど、なんとなく思うのは、身近に感じてもらえることが重要な気がするんですよ。最近の若い子がYouTuberに惹かれるのも、きっと友達のような距離の近さゆえなんじゃないかなって思ったりもするんですよね。

――でもMay J.さんがYouTuberになればいいかっていうとまた違うわけで。

May J.:いやー急に始めるかもしれないですよ(笑)。まあでも今回のカバーアルバムをやってみて感じたことではありますけど、結局は普遍的なものを作っていくことが大事なのかもしれないですよね。流行りに流されることなく普遍的なものを生み出せば、それはきっと世代なんて関係なく聴き継がれていくものだと思うので。私がこれまでの名曲をカバーすることにもそういった意味合いがありますからね。

――それは時代や世代を繋ぐ橋渡しといった意味合いですかね。

May J.:そうそう。まさに橋渡し。本名が橋本なんで(笑)。これからもそういう役割が担えるように頑張りたいなって思うし、自分自身としてもそうやって歌い継いでいってもらえる曲を生み出していきたいなって思いますね。

――では新しい元号「令和」の時代に期待することは?

May J.:そうだなー。とりあえず私は平成を引きずるんだろうなとは現状、思ってるんですけどね(笑)。平成ならではの個性とかカラーっていうのは、新しい元号になったことであらためて見えてくるもののような気もするんですよ。「それって平成っぽくない?」みたいな感じで。

――なるほど。確かに昭和から平成になったときがそうだった気がします。昭和生まれがちょっとバカにされたりして(笑)。

May J.:平成もそうなっちゃうかも(笑)。でも時代が流れたことで昭和の良さが見直されたように、平成の良さにあらためて気づくことにもなると思うんですよね。だからこそ私は新しい時代にしっかり寄り添いつつ、これまでの平成という時代のことも大事にしていきたいなって思いますね。そういうシンガーでありたいと思います。

――そう思えるのはつまり、May J.さんにとって平成がいい時代だったってことなんでしょうね。

May J.:そう思います。平成という時代にデビューして、13年になるんですけど、その間には本当にいろんな出来事がありました。ある意味、平成の間に一通りやれることをやれた実感はあるんです。でも、次の元号でそれ以上の何かができるような気もするし、平成の自分を超えたいっていう期待もあるんですよね。まだまだここからだなって。

――改元という貴重な節目に新たな希望も湧いてきていると。

May J.:新しい自分を探すきっかけになるんじゃないかなって。それが何なのかはまだわからないけど、時代とともに新しいチャレンジをどんどんしていきたいですね。これまでもそういう生き方をしてきたので、それは今後もきっと変わらないんだと思います。

――新たな時代のMay J.さんにも期待していますね。

May J.:はい! 実は曲作りもいろいろやったりしているので、それを早く聴いていただけるように頑張ります。ツアーもまたやりたいですしね。デーモンさんとのデュエットを生でお届けできる日がいつか来たらいいなあ(笑)。

(取材・文=もりひでゆき/写真=林直幸)

■リリース情報
May J.『平成ラブソングカバーズ supported by DAM』
発売日:2019年4月17日(水)

・2枚組CDアルバム+DVD
価格:¥5,000+税

<CD-Disc.1>
・平成ヒット曲のカバー(全15曲収録予定、曲順未定)

<収録予定曲>
M

愛が生まれた日
I’m proud
PRIDE
First Love
雪の華
ハナミズキ
瞳をとじて
Story
また君に恋してる
Lovers Again
366日
キセキ
I LOVE YOU

<CD-Disc.2>
「May J. Tour 2018-Harmony-」2018年9月16日Zepp Diver City TOKYOでの最終公演のライブの音源

<DVD>
新録カバー曲Music Video&既存カバー作のMusic Videoを収録(収録予定時間約20分))

・CDのみ
価格:¥3,000 +税
※収録曲は変更になる場合あり。

<CDショップ特典>
・先着購入者特典(全国CDショップ)
「複製サイン入りアナザージャケット」
※MJF、MJM&mu-moショップとは、別絵柄のアナザージャケット
※全国CDショップにて先着での配布となります。
※特典は無くなり次第配布終了
※一部配布対象外の店舗あり

・山野楽器オリジナル絵柄
「複製サイン入りアナザージャケット」
※山野楽器オリジナルの絵柄のアナザージャケット
※特典は無くなり次第配布終了
※一部配布対象外の店舗あり

May J. official HP

アプリで読む