Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

椎名桔平主演『連続ドラマW 神の手』6月放送スタート 現代日本に“安楽死”は必要なのかを問う

リアルサウンド

19/3/30(土) 7:00

 椎名桔平が主演を務める『連続ドラマW 神の手』が、WOWOWプライムにて6月23日より放送されることが決定した。

参考:有村架純「またね」の笑顔に『ひよっこ3』希望の声も 2年後で描かれた“夢の途中”

 本作は、現役医師の作家・久坂部羊の衝撃作を連続ドラマ化する社会派サスペンス。“人はいかに最期=死を迎えるか”という問題を真正面から取り上げながら、俗悪な欲望や思惑に駆られた人間たちを活写する。

 外科医の白川泰生は、21歳の末期ガン患者・古林章太郎に対しあらゆる手段を尽くした末、最後に安楽死の処置を選んだ。メディアでも発言権のあるジャーナリストで章太郎の母・康代はそれを告発。殺人か過失致死かで連日取り沙汰される中、かねてより議論されていた安楽死の法制化が現実味を帯びる。背後で蠢く法案成立と日本の抜本的な医療改革を企 てる団体、そして反対派の医師やマスコミを使って安楽死法案の阻止を図る康代。白川はやがて激流に呑み込まれていく。

 医療技術が発達し“生かされるための医療”も実在する現代で、耐え難い苦痛で助かる見込みのない患者に死をもって解放に導く安楽死は、終末期医療の一つの選択肢となり得るのかーー。現在、安楽死が容認されているのはスイス、オランダなどの一部の国に限られ、“超高齢化社会”に突入した日本はもちろん、多くの国ではまだ認められていない。今の日本では医師による安楽死の処置は、場合によっては殺人罪になる可能性もある。

 椎名が演じる主人公の白川泰生は、苦渋の決断で若い末期ガン患者を安楽死させた腕利きの外科医。この安楽死処置をきっかけに、安楽死法案の成立をめぐり、医学界、政界、マスコミ、市民団体を巻き込んだ大騒動が巻き起こる。白川は推進派・反対派の両方から接近され、その激しい論争の渦の中で世論をも扇動し、翻弄されていくという役どころだ。椎名と原作者の久坂部は、医療ドラマ『破裂』に続き、本作が2作目のタッグとなる。映画『キセキ ーあの日のソビトー』 『泣くな赤鬼』の兼重淳が監督を務め、映画『泣き虫ピエロの結婚式』の田中洋史と『バカボンのパパよりバカなパパ』(NHK総合)の幸修司が脚本を担当する。

【主演・椎名桔平(白川泰生役)コメント】
■久坂部羊原作ドラマ主演2作目の意気込み
2015年にドラマ化された『破裂』に続き、今回の『神の手』で主人公の医師役を演じさせて頂く事を嬉しく思います。それと同時に久坂部先生の作者=医師だからこそのリアリティを存分に感じさせられる物語は、演じる役者に覚悟を突きつけてきます。気を引き締めて、兼重監督と共に、この「禁断の医療ドラマ」に挑みたいと思っています。

■“安楽死”という題材を描いた本作の脚本を読んだ時の感想
無意識に目を背けてきた大きな問題に、まるで自身が直面したかの様な錯覚と驚きに襲われました。医療の限界と人間の尊厳に、どう対処していかなければいけないのかを、強く、深く、考えさせられます。

■視聴者へメッセージ
すぐ先の日本に必ずやってくる、「終末期医療はどうあるべきなのか」という社会問題を、この作品を通して一緒に考えてもらえれば嬉しいですね。そして、少しでも皆さんがこの先の人生を、前に向かって生きる何かに繋がればと願っています。

【原作者・久坂部羊 コメント】
■原作『神の手』のドラマ化についての思い
原作は安楽死を行う医師側の視点で、その是非と葛藤を描いたものです。さらに、日本の医療崩壊を阻止するため、過激な医師グループが「医療庁」の設立を画策するサイドストーリーを絡めています。そこに医師の不倫、政治家の暗躍、医師団体の崩壊、十人以上の殺人を入れ、小説を面白くするために“全部盛り”にしたような作品です。今から思うと詰め込みすぎです(笑)。それがドラマとしてどう料理されるか、楽しみにしています。

■主演・椎名桔平についての印象
椎名桔平さんには、以前、拙作『破裂』のドラマ化でも主人公の医師を演じていただきました。その知性、葛藤、秘めた野望、窮地に陥ったときの懊悩など、内面の表現は素晴らしいものでした。今回の白川も、誠実であるが故に、医療の限界と不条理に翻弄される医師なので、まさに椎名桔平さんはベストのキャスティングだと、心より嬉しく思っています。

■視聴者へのメッセージ
安楽死はふだん皆さんの生活にはあまり関わりがありませんが、死ぬときには必要になる場合があります。安楽死法がない日本は、「安楽死禁止法」が施行されているのも同然です。かといって、安楽死を安易に認めてしまうと、さまざまな危険が生じます。ドラマを通じて、この問題に少しでも多くの方が関心を持ち、皆さんがよりよい死を迎えるためのよすがになればと期待しています。

(リアルサウンド編集部)

アプリで読む