Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

『ソニック・ザ・ムービー』日本公開が12月に決定 ヴィラン役ジム・キャリー登場の特報映像も

リアルサウンド

19/5/3(金) 8:00

 人気ゲーム『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズを実写映画化した『ソニック・ザ・ムービー』の日本公開が12月に決まり、新たなポスタービジュアルと特報映像が公開された。

参考:ハリウッド実写版『ソニック』、邦題が『ソニック・ザ・ムービー』に ポスタービジュアルも公開

 本作は、1991年にゲーム1作目が株式会社セガ・エンタープライゼス(現・株式会社セガゲームス)から発売され、全世界でシリーズ累計販売本数約8億本(DL含む)を誇る日本発の人気キャラクターをハリウッドで実写映画化したアクション映画。『ワイルド・スピード』シリーズのニール・H・モリッツと、『デッドプール』のティム・ミラーがプロデュースし、2004年に『Gopher Broke(原題)』がアカデミー賞短編アニメーション部門にノミネートされたジェフ・ファウラーが、長編、そして実写初監督を務めた。

 公開された新ポスタービジュアルでは、「もたもたしてると、おいてくぜ!」とゲームでお馴染みのセリフと共に、巨大都市を見下ろすソニックと、街には彼の走り抜けた光の残像が描かれている。

 あわせて公開された特報映像は、人気キャラクター“ソニック”が陸上選手さながらのクラウチングスタートから、あまりの速さに衝撃波を作りながら走り去るシーンから幕を開ける。史上最速のスピードを活かし、街から砂漠、世界中を駆け抜け、敵のミサイル攻撃も時間が止まったかのように切り抜けるスピードアクションを見せつける。また、ゲームの代表的なヴィランである狂気のマッドサイエンティスト“ドクター・エッグマン”に扮したジム・キャリーが、ゲームキャラさながらのビジュアルで登場。警官のトムを演じている、『X-MEN』シリーズのジェームズ・マースデンの姿も確認できる。(リアルサウンド編集部)

アプリで読む