Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

星里奈

ハコムスの真面目な3期生・星里奈、全18曲に思いを込めた卒業公演

ナタリー

19/3/29(金) 20:53

ハコイリ▽ムスメの星里奈が、3月23日に東京・AKIBAカルチャーズ劇場で行われた定期公演「ハコイリ▽ムスメの定期便3月号~合言葉は『ごきげんよう』!~」をもってグループを卒業した。

2016年4月に3期メンバーとしてグループに加入し、高い歌唱力と真面目かつどこかミステリアスな性格でファンに親しまれてきた星。昨年11月に体調不良のため活動を休止することを発表した彼女は、今年3月2日のイベントより復帰し、1カ月に満たない時間の中でメンバーやファンと最後の思い出を作ってきた。ハコムスのライブ史上最多曲数のセットリストが組まれた卒業公演では星セレクトによる全18曲が披露され、会場がしっとりした雰囲気に包まれた。

公演はこれまでライブ終盤で歌われることの多かった斉藤由貴「ストローハットの夏想い」のカバーで幕開け。ストローハットを被り、青いドレスに身を包んだ星をはじめとするメンバーは、ゆったりとした曲調に合わせて順番にステージに登場した。星がステージ上の椅子の背もたれにストローハットをそっと掛けたのち、7人はQlair「眩しくて」を2曲目に歌唱。星は「ちょっと渋めな曲が多いかもしれないけど(笑)、最後まで歌を届けたいと思っているのでよろしくお願いします」とファンに語りかけ、リーダーである我妻桃実は「これから先の季節も、里奈が新しい場所で新しい花を咲かせられるように、私たちも背中を押していけたらいいなと思います」と挨拶した。

緊張のためか、トークでいつもと少し違った様子を見せる星に観客が和む中、ハコムスはおニャン子クラブ「夏休みは終わらない」、チェキッ娘「海へ行こう~Love Beach Love~」、オリジナル曲「Let’s Party Time!」などを連続でパフォーマンスする。明るい夏のナンバーに客席の温度が上昇するも、続くユニット曲のブロックでは再び会場がセンチメンタルな雰囲気に。星は我妻とユニット・PEACH☆STARとしてオリジナル曲「星空のダンスホール」、我妻、塩野虹とおニャン子クラブ「避暑地の森の天使たち」、同期である3期メンバーの吉田万葉、井上姫月とQlair「パジャマでドライブ」を歌唱。さらに吉田とチェキッ娘「あたしの靴あなたの靴」を、我妻と渡辺満里奈「ちいさなBreakin' my heart」をデュエットし、切なげな表情と伸びやかな歌声で失恋ソングを立て続けに届けた。

これまでの思い出を振り返りつつ、ユニット曲の感想で盛り上がったハコムスは、その後ボサノバ調の「あの夏のリグレット」、男性目線で恋を歌う「真夏の恋のファンファーレ」といったストーリーにつながりがあるオリジナル曲を披露。次のMCで「真夏の恋のファンファーレ」をお披露目した公演での演技企画「劇団ハコムス」の話題になると、我妻がそのときのセリフを再現するように星に無茶ぶりする。照れた様子を見せながらも星が「かわいいもの、飲んでるのね」という大人っぽい言葉を放つと、我妻は「大好き里奈ちゃん! 結婚しよう! パパ、いい?」と客席にいる星の父親に向かってうれしそうに呼びかけていた。

会場を平和な空気で満たしたのち、メンバーは1人ひとり星に宛てた手紙を朗読する。井上が「最初に里奈ちゃんに会ったときは自分と真逆の性格をしていて、あまり話もはずまなくて」「3期って本当に仲がいいのかわからなくなることがあるんですけど、不思議と気持ちが落ち着いたり、安心できます。本当に3期がこの3人でよかったなと思います」と話しつつ「P.S. 今まで万葉と私のケンカを押さえてくれてありがとうございました」と付け加えると、星は「今、初めて『ありがとう』って言われた! 止めてきてよかった!」と返答。続く吉田も手紙を読み終えたあとに「姫月と万葉のケンカを止めてくれて本当にありがとう!」と叫び、井上に口からタピオカを飛ばされて白いワンピースを汚されたエピソードを暴露して観客を笑わせた。

我妻は「いろいろな感情の引き出しを持っている里奈だから素敵な歌を歌えたんだと思います。里奈の歌はハコムスの柱で、みんなの希望でした」と述べたほか、「感受性豊かな里奈が初めて覚える感情はこれからも増えていくと思います。その性格からたくさん迷ったり、悩んだりするかと思います。なので1つ、ここで先輩からお願いです。これからは今までよりも自分に正直に、わがままに生きてください」「今までよりももっともっと幸せになってください。里奈に出会えてよかったです。ハコムスに入ってくれてありがとう。里奈は本当によくがんばりました!」という言葉を星に贈る。先輩のエールを噛み締めた星は目に涙を浮かべながら、「卒業をこんなに早く迎えるとは思ってなくて。でも今ここに立てているのはメンバーが私のことを支えてくれたからです。このメンバーと肩を並べてコンサートとか大きいイベントをやって、乗り越えられたことが本当に大切な思い出になっています」と挨拶。さらに吉田と井上のケンカについて「止めに入っていたけど、実は楽しんで見ていました」と笑顔を見せた。そして我妻の「最後、この曲を歌って里奈に宝石のように輝いてもらいたいです」という曲フリから公演本編のラストナンバーとしてribbon「Be My Diamond!」が披露され、会場はファンがサプライズで点灯したサイリウムの光で優しく包み込まれた。

「里奈ちゃん」コールに応えて再びステージに登場したハコムスは、コーラスとフィンガースナップのみでオケが構成される斉藤由貴「土曜日のタマネギ」、オリジナルのウインターソング「さよならのプリエール」を熱唱。情緒あふれるステージで観客を引き付けてから、別れを前向きに歌ったナンバー「旅をつないで」をパフォーマンスした。最後に星は「皆さんからもらった言葉はこれからの人生に必要なことで、本当にいろんなことを経験させていただきました」「本当に星里奈を支えてくださってありがとうございました!」と感謝の気持ちを述べ、「以上私たち、ハコイリ▽ムスメでした!」というお決まりの挨拶を決めて3年間におよんだハコムスでのアイドル活動に幕を閉じた。

ハコムスは4月20日にAKIBAカルチャーズ劇場で次回の定期公演を開催。この公演で新たにグループに加入する5期メンバーがお披露目される。

ハコイリ▽ムスメ「ハコイリ▽ムスメの定期便3月号~合言葉は『ごきげんよう』!~」2019年3月23日 AKIBAカルチャーズ劇場 セットリスト

01. ストローハットの夏想い(オリジナル:斉藤由貴)
02. 眩しくて(オリジナル:Qlair)
03. ガールズ・オン・ザ・ルーフ(オリジナル:渡辺美奈代)
04. 夏休みは終わらない(オリジナル:おニャン子クラブ)
05. 海へ行こう~Love Beach Love~(オリジナル:チェキッ娘)
06. Let’s Party Time!
07. 星空のダンスホール / PEACH☆STAR
08. 避暑地の森の天使たち(オリジナル:おニャン子クラブ) / 我妻桃実、星里奈、塩野虹
09. パジャマでドライブ(オリジナル:Qlair) / 星里奈、吉田万葉、井上姫月
10. あたしの靴あなたの靴(オリジナル:チェキッ娘) / 星里奈、吉田万葉
11. ちいさなBreakin' my heart(オリジナル:渡辺満里奈) / 我妻桃実、星里奈
12. あの夏のリグレット
13. 真夏の恋のファンファーレ
14. 泣かないでエンジェル(オリジナル:Qlair)
15. Be My Diamond! (オリジナル:ribbon)
<アンコール>
16. 土曜日のタマネギ(オリジナル:斉藤由貴)
17. さよならのプリエール
18. 旅をつないで

ハコイリ▽ムスメの定期便4月号

2019年4月20日(土)東京都 AKIBAカルチャーズ劇場

※▽はハートマークが正式表記。

アプリで読む