Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

ドラマスペシャル「死命~刑事のタイムリミット~」

ドラマ「死命」賀来賢人、吉田鋼太郎との共演は「理屈が通用しなかった」

ナタリー

19/5/17(金) 5:00

5月19日にテレビ朝日系で放送されるドラマスペシャル「死命~刑事のタイムリミット~」に出演した賀来賢人のコメントが到着した。

薬丸岳の小説「死命」をもとにした本作は、ともに余命宣告を受けた刑事と連続殺人犯の攻防を描いた追走劇。最期まで正義を貫き通そうと決めた刑事・蒼井凌を吉田鋼太郎、これまで抑え込んできた殺人衝動を解放するデイトレーダー・榊信一を賀来が演じた。

「なかなか共感できる役ではなかった」と明かす賀来は、役へのアプローチ法を「“その人になりきる”というやり方ではなく、台本を読んだときに僕自身が体感した恐怖みたいなものを大事にしながら芝居に乗せるような作業でしたね」と振り返る。殺人のシーンは1日にまとめて撮影したそうで「逆に榊のスイッチが入ったというか……。榊という人間の弱さを理解できるようになったんです」と語った。

主演ドラマ「今日から俺は!!」でコメディ俳優としての印象を強めた賀来は、本作では真逆と言える役を演じたが「楽な役はひとつもないです!」と断言。「実は撮影で首を絞めたあと、家に帰ったら妻と子どもが楽しそうにしていて……。癒やされると同時に、あまりに環境のギャップがすごすぎて変な気持ちになりました(笑)。そのくらい精神的なダメージの大きい役だったので、大変でしたね」とシリアスな役ならではの苦悩もあったよう。そして「僕、この仕事は切り替えが大事だと思うんですよ。実際、僕が尊敬する先輩方は『直前までバカ話をしていても、本番に臨めるのが真の俳優だ』という人が多いし、僕もその感覚がすごく好きなんです」と俳優としての在り方に言及する。

「今日から俺は!!」でも共演した吉田については「とにかく、圧がすごい!(笑) その圧を受けることで鋼太郎さんに引き出していただいた部分がたくさんあるし、すごくいい勉強になりました」と尊敬の念をあらわに。また「今回わかったのは、いい匂いがするなってこと(笑)。鋼太郎さんってイタリア人みたいな、ダンディーで、いい匂いがするんですよ」と報告する。さらに2人が対峙する場面を「自分がもっとも集中したシーン。『あっちがこう来たら、僕はこう返そう』という理屈が通用しなかったというか……記憶があいまいなくらい集中しました。視聴者の皆さんにどう届くのかなって、楽しみです」とアピールした。

ドラマスペシャル「死命~刑事のタイムリミット~」

テレビ朝日系 2019年5月19日(日)21:00~23:05

アプリで読む