Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- IV ルヰ×シン×Unknown」舞台挨拶の様子。左から八代拓、畠中祐、寺島惇太、五十嵐雅、武内駿輔。

「キンプリ」第4章は“一緒に作る”の最終形態!寺島惇太「今はほっとしています」

ナタリー

19/5/5(日) 15:14

「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars- IV ルヰ×シン×Unknown」の舞台挨拶が本日5月5日に東京・新宿バルト9で開催され、一条シン役の寺島惇太、香賀美タイガ役の畠中祐、十王院カケル役の八代拓、鷹梁ミナト役の五十嵐雅、大和アレクサンダー役の武内駿輔が登壇した。

菱田正和が監督を務めた本作は、放送中のテレビアニメ「KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-」全12話を3話ごとに集約した劇場編集版の第4章。最終章の公開を迎え、寺島は「最終章をお見せすることができて今はほっとしていますし、皆さんの感想を見るのがすごく楽しみです」と安堵の表情を浮かべる。クライマックスで描かれるプリズムショーのシーンにも言及し、「皆さんに懸かってますからね! “一緒に作る”の最終形態ですから、期待してますよ!」と呼びかけた。

畠中は「本当に情報量が多すぎて混乱した」と台本を初めて読んだときのことを述懐し、「お客様にどう伝わるのかな?という若干の不安に、『KING OF PRISM by PrettyRhythm』公開時の感情が呼び起こされました」とコメント。「Unknown」とされているサブタイトルについて、畠中がひとつの回答を口走ると、五十嵐が「ここはわからないほうが面白いと思うんだよ」と答えを濁す場面も。八代は「監督は必要最低限のことすら濁すので(笑)。皆さんだけじゃなく僕らにも委ねてるんだと思います」と述べ、畠中も「みんなに任せる!」と口をそろえた。

五十嵐は「ミナトの曲にもありますが、風って僕の中ですごく大事なキーワードなんです」と切り出し、さまざまな擬音で風を表現。すると八代が「あなたが『ぴゃー!』とか『どしゃー!』とか言ったとき、一斉にキーボード打つ手が止まりましたよ!」とマスコミ陣を指し示し、会場は爆笑に包まれる。続けて五十嵐は「その風が“エンゲージ”につながるんです。それはメンバーの絆が消えたときに壊れてしまうという、ある意味で脆さも含んでいるので、これからも皆さんと手をつないでいく必要があるわけです」と力説した。

最後に武内は「引き続き彼らを愛していただければと思いますし、愛される彼らをより魅力的に見せていけるように、これからもパフォーマンスに集中して取り組んでいきたいと思います」と今後への意欲を見せ、寺島は「『キンプリ』は1作目から監督が作品内で多くを語らない構成になっていて、今回皆さんが知りたいことを監督が描いてくれると思ったら、最終話でいっぱいバラ撒いていって……」と口にする。寺島が「おい菱田! これ、続き観たいよ!」と叫ぶと、観客から即座に「観たーい!」と歓声が上がる一幕も。そして寺島は「これだけ魅了していったんだから、最後までしっかり責任取ってもらわなきゃいけないので、引き続き応援していただいて、その先を見ていければと言わせていただきます」と舞台挨拶の幕を引いた。

(c)T-ARTS / syn Sophia / エイベックス・ピクチャーズ / タツノコプロ / キングオブプリズムSSS製作委員会

アプリで読む