Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「3D彼女 リアルガール」アニメファン限定特別試写会の様子。左から上西哲平、佐野勇斗、芹澤優。

「3D彼女」佐野勇斗、アニメ版筒井・上西哲平と初対面「僕のファンですか?(笑)」

ナタリー

18/9/6(木) 14:15

「3D彼女 リアルガール」のアニメファン限定特別試写会が、9月5日にワーナー・ブラザース試写室にて開催され、実写映画版キャストの佐野勇斗(M!LK)、アニメ版キャストの芹澤優と上西哲平が登壇した。

那波マオのマンガを英勉が実写化した「3D彼女 リアルガール」は、男ぐせが悪いとうわさされるリア充の完璧美少女・五十嵐色葉と、コミュニケーション能力ゼロのオタク高校生“つっつん”こと筒井光の恋を描くラブストーリー。

このイベントでは、実写映画版でつっつんに扮した佐野が、アニメ版で色葉を演じた芹澤、つっつんに声を当てた上西と初対面を果たした。2日前に映画を観たばかりだという上西は「筒井に感情移入してしまいました。本当に佐野さんが筒井そのもので。筒井が今、横にいる!っていう感じがします」とコメント。芹澤は、上西とアニメ版キャスト・上田麗奈の3人で試写を観たときのことを「隣でずっと上西くんが泣いていて。しかもその日、ティッシュを1枚しか持っていなくて、同じティッシュをぐちゃぐちゃにしながらずっと涙を拭いていました(笑)」と明かす。中条あやみが演じた実写版色葉について芹澤は「アニメにはない部分もあって、最後のほうは胸が苦しくなりました。自分もまた、これから色葉を演じていくので、がんばらないとな!と思います」と感想を述べた。

上西はアニメの声優オーディションを受ける段階で、佐野演じる実写版つっつんの映像を参考にしていたと告白。「そしてオーディションに行く前に、カラオケ店へ声出しをしに行ったんですが、佐野さんが所属されているM!LKの映像が流れていて! これはまさに縁があるんじゃないか!と思っていたんですが、僕も筒井役を務めさせていただくことになり、2人で隣に並べるとは思っていなかったので感動です」と裏話を披露する。それを聞いた佐野は「僕のファンですか?(笑)」と照れ笑いを浮かべた。

つっつんの印象を、上西は「最初はひきょうなんですけど、今までの経験だとか、環境が原因なだけであって、根はすごく素直でいいやつだと思うんです。色葉や友人たちと出会うことによって、少しずつやわらかく自分を出せるようになっていったので、僕も友達になりたい」と語る。すると佐野は「僕と筒井は似てるなと思う部分があって……だから僕、いいやつなのかもしれません!(笑)友達になりましょう」と笑う。また役作りに関して佐野は「同じオタクと美女が恋をする『電車男』が好きだったので、自分の興味のあることに対して早口でしゃべるところや、挙動不審になるところを意識しました」と説明した。 

また上西が中条について「いたずらを仕掛けてきそうなイメージ」と言うと、佐野は「よくわかりましたね!」と返答。かぼちゃを被るシーンの撮影を振り返り「『前が見えないから、椅子に座っていいよ』と中条さんに言われて、優しいなーと思ってたら、ブーブークッションが置かれていたんです!」とエピソードを披露する。そのほか佐野は、映画劇中にてつっつんがアニメを観ながら朝食を食べるシーンを「そのアニメは、実写版で僕が演じたことのある『ちはやふる』の筑波くんのシーンを使っていくれていて。夢のコラボです!」とオススメした。

「3D彼女 リアルガール」は、9月14日より全国でロードショー。

(c)2018 映画「3D彼女 リアルガール」製作委員会 (c)那波マオ/講談社

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play