Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play

ぴあ

いま、最高の一本に出会える

「ママレード・ボーイ」

「ママレード・ボーイ」ソフト特典で桜井日奈子と優希美青が“ドア越し”シーン語る

ナタリー

18/8/15(水) 10:00

桜井日奈子と吉沢亮がダブル主演を務めた「ママレード・ボーイ」のBlu-ray / DVDが、9月12日に発売。このたび、特典映像に収められる内容の一部が到着した。

吉住渉による少女マンガを廣木隆一が映画化した本作は、互いの両親のパートナーチェンジをしての再婚により、ひとつ屋根の下で暮らすことになった高校生・小石川光希と松浦遊を描くラブストーリー。桜井が光希、吉沢が遊を演じ、光希を一途に想うクラスメイト・銀太に佐藤大樹(EXILE、FANTASTICS)、光希の親友・茗子に優希美青が扮した。

ソフトのプレミアムエディションには、キャストそれぞれがお気に入りのシーンについてトークする“シーンセレクション”という特典映像が収録される。このたび到着したのは、同映像内の桜井と優希のコメント内容だ。

2人は別々の収録だったにもかかわらず、共演者である吉沢のことを「オープンマインドな人」、佐藤のことを「まっすぐな銀太そのものの好青年」とそろって紹介する。吉沢の誘いを受け4人で食事に行って打ち解けたことや、クランクアップ時に佐藤が「今の気持ちをダンスで表現して!」という桜井のリクエストに応えて踊りを披露したことも明らかに。

桜井と優希は“シーンセレクション”の中で、光希と茗子がドア越しに会話し、気持ちをぶつけ合うシーンに言及。優希は「光希を自分がこれだけ傷付けたというのが苦しくて……台本に『涙をこらえる』と書いてあったけれど、全然こらえられてない。それくらい演じていてつらかったし、茗子の気持ちに入り込みました」と話し、「茗子は“光希の顔を見たら決心が鈍っちゃう”と言いますが、私も一緒だなと思ったんです。光希の顔を見たら、抱きしめたくなっちゃうなって……」とドア越しの演技を回想する。また桜井は「ドア越しだけれど、茗子がすごく耐えていることがわかるんです。光希もきっと彼女を送り出してあげたいけれど、寂しくてたまらないから……。もう、ドアを開けたくてたまらないシーンでした」と振り返った。

なおプレミアムエディションには、未公開シーンやメイキングなども含め3時間超えの特典映像を収録。三方背スリーブケースとなる初回仕様の商品には、5枚組のポストカードと24ページのブックレットが付属する。

(c)吉住渉/集英社 (c)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

Download on the App Store ANDROID APP ON Google Play